2017年03月24日

アステリスクで元気を充填!

こんにちは、ご無沙汰していました、柴田です!
最近は春の気配に花の便りもしばしば、だんだん暖かくなってきたこの頃ですが
いかがおすごしでしょうか。
ところでこちらのマンガナイトさんのレビュー、読んでくださいましたか?
わたしたちの事はだんだんわすれられてしまったのかな…と思っていたのですが
大感激。Amazonに新装版のレビューもくださった方もいらして、
ほんとうにありがとうございます。
四年間もお待たせしてしまって、ほんとうにもうしわけありませんでした。
マンガナイトさんのライターさんが甘魂ブログをつぶさに読んでくださっていることを知り、
今回またブログを書きます。
さてわたしは元気を出そうと思ってアステリスクに行ってきました
sIMG_0994.jpg
じゃーん
sIMG_0995.jpg
もうすっかり大人気店、お客様が途絶えることなく訪れます。
お菓子の箱もグリーンからかわいいピンクに衣替え!
sIMG_1002.jpg
まずとってもかわいらしいケーキを見つけたのでイートインでいただきました!
〇季節のタルト
sIMG_1000.jpg
季節のタルトはもちろんいちご!期待通りの美味しさと愛らしさでいちごのクリーム、
カスタード、ダマンド、パートシュクレのサクサクといい文句なしの美味しさ。
sIMG_1001.jpg

sIMG_0998.jpgsIMG_0999.jpg
わたしはコーヒーを注文しましたがこちらケーキのみでもイートイン可能です
(フルーティーな薫りのお水を出していただけます)
季節柄ショーケースはいちごのケーキがたくさん!お店の方もとても感じが良く
撮影は自由。すてきなインテリアごらんくださいね。
sIMG_1003.jpg
持ち帰ったのはこちら。
sIMG_1008.jpg
〇エクレール オ カプリス
sIMG_1005.jpgsIMG_1024.jpg
こちらはエディブルフラワーで飾ったとっても美しいエクレア!
sIMG_1020.jpg
もうアクセサリーみたいなラブリーさですね。クッキー生地の載ったエクレアは
すこしあまくてとっても幸せ!中のクリームの下に
ベリーたっぷり、それだけでなくやわらかなお味のチョコムースもたっぷりです。
sIMG_1028.jpg
意外に甘さ控えめ、
もっと濃くても良かったかもと思いつつ甘すぎるのが苦手な方でも
いただける軽さです。

〇みやび
sIMG_1033.jpgsIMG_1031.jpg
こちらはチョコレートとフランボワーズベリーのよくある組み合わせと思いつつ…
とってもおいしいです。とくに下の部分がフランボワーズで酸味たっぷりの
タルトになっていて、本来なら分離してしまいそうですが
上のチョコレートムースと戴くとすごくマッチして、最初からひとつだったような
おいしさなのです。
sIMG_1036.jpgsIMG_1037.jpg
チョコレート苦手な方も飽きずに戴けそうな、こくもあるのに
さわやかなケーキ。もちろんチョコレートお好きなら是非召し上がってみてください。
(ちょっと持ち帰る時に飾りに載っていたフランボワーズが取れてしまいました。すみません)
sIMG_1007.jpg

〇パルフュメ
sIMG_1006.jpg
sIMG_1014.jpgsIMG_1013.jpg

断面がとっても楽しい!春らしいルックスのケーキは、すっぱいライムのムースとかろやかなジェノワーズがマッチ、正直生姜のお味は感じないのですが、子供でもお年寄りでもたのしめそうなライトなケーキ。もちろん底にはサクサクパートシュクレでアクセントもしっかり。

〇フロマージュ グルマン
sIMG_1004.jpg
sIMG_1042.jpgsIMG_1043.jpg
二色のカラーがとってもほんわりするかわいいかたち、以前に戴いた時と若干モデルチェンジ、すこしかろやかな生地で外側が覆われています。もちろんチーズケーキですが
白いほうがあっさりチーズ、黄色い方がこっくりチーズ、でも意外にキリッと塩味の効いた
しっかりしたチーズケーキ。土台のパートシュクレにはベリーのジャムが
薄く塗ってあって、酸味をプラス!こんなところにもひと手間わすれない和泉シェフの
心配り。こちらもとってもおすすめです。

とつぜん掲載して頂けた「ひとりでごほうびわたしごはん」で、ご好評だったと
編集さんからご連絡もいただき、またなにかのかたちでお目にかかれたらと思います。
また偶然ご一緒したあの!諏訪緑先生の食漫画もとってもすてきなんです!
ファンタジーや歴史だけでなく、食べる幸せもあたたかく描ける諏訪先生、
アマイタマシイも読んでくださっていたとのこと、とっても感激です!
ありがとうございます。またご一緒できると嬉しいです!
sIMG_1051.jpg
こちらはアマタマと同じ復刊ドットコムから発売中の諏訪先生の短編集!
とても素晴らしい作品ばかり!是非おもとめください。
さてここまで読んでくださってありがとうございます。
もしやまた皆さんとお会い出来たら、どうかよろしくおねがいいたします(^ν^)


posted by 柴田羽衣 at 22:09| Comment(0) | ケーキ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

すてきな冬のアントルメ!アマイタマシイがプチ復活!

こんにちは!柴田です!
アマイタマシイが三冊刊行されて、わたしものんびり、ちょっと淋しく思っているこのごろですが
いかがお過ごしでしょうか。
さむいさむい冬の日はおうちでケーキがなによりのご馳走。
クリスマスイブはパクタージュのアントルメをいただきましたが
今回はイブののちにいただいたケーキをご覧くださいね(^^)/
わたしのクリスマスはイブだけではおわらないのです!
でもクリスマス前にケーキを食べ、イブにも食べ、クリスマス当日とその後にも食べるのが
甘魂者の歳時記といわれてますよね!
まずはラブリコチエの美しい!
〇ブロンドショコラのムース!
sしょこらアップ.jpg
じゃーん
sらぶりぶろんどあかるい.jpg
これは飾りも美しく、そのうえとっても大人っぽいケーキ。ヴァローナ社が開発した、
ブラック、ミルク、ホワイトに次ぐ第四のチョコレートと言われるキャラメル色のチョコ、
ブロンドショコラが贅沢に使われ、上にあしらわれた八つ橋みたいなかたちの
チョコレートはもちろんブロンドショコラ!(⌒∇⌒)
sWS0000.jpg
ふんわりしたムースの中にはパッションフルーツのジュレ、やわらかく煮たバナナとパイナップル、
とてもさっぱりして、しかもコクがあります。ブロンドショコラらしいバタークッキーみたいな独特の
香ばしい風味も漂って、
カットするとあっという間に食べてしまいました(´∀`∩)
sぶろしょこ.jpg
ともすれば重くこってりしてしまうところをとてもとても
さわやかに仕上げて印象深い、いつも佐藤シェフの手腕には感動します!
有名なモンブランだけでなく、酸味のある柑橘やフルーツのケーキにチョコレート菓子も
とても素晴らしいので、是非お店に伺ってくださいね!

そしてパクタージュ!
〇マキュアージュ
170115_044.jpgs170115_039.jpg
じゃーん

こんなにみごとな二段のケーキ、結婚式でもなければいだたけないと思っていたので
大感動!優雅で美しくて、ケーキ好きの夢が形になったような贅沢さ!
s170115_005.jpg

この愛らしいケーキ、どこかで見覚えが?
そうそう、最初にカタログで拝見した時から素敵すぎて…もちろん斎藤シェフにお話ししましが(;^ω^)
熊谷シェフが三巻の表紙で持っているこのケーキの参考にさせていただきました。
sWS0009.jpgs170115_002.jpg
一目みたら忘れられないほどヴィジュアル的に優れていると思います!
s170115_030.jpg
カットすると断面はこのようにフランボワーズのきゅんと甘酸っぱいムースリーヌの
中にパッションのジェノワーズ、適度にしっとりしてとても食べやすく、そしてなにより
パクタージュのお味がなんでも大好きなので、このケーキが戴けたことは大きな感動でした°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
まさに玉川学園の宝です!

齋藤シェフにイニシャルも入れていただきました(´∀`∩)
s170115_038.jpg
ラブリコチエもパクタージュも限定のケーキですので、今期は終売と思いますが、
アントルメでなくプチガトーとして販売していただきたいぐらい
素晴らしいケーキでした。
ほんとうに見て感動、食べて感激、笑顔になってしまうケーキやお菓子の世界って素晴らしい。
凍てつく冬でも心が温かくなるケーキを生み出す魔法はシェフの技術と心がうみだすものだと
ほんわか感じたわたしなのでした。ほんとうにごちそうさまでした!
s170115_003.jpg
ところでひょんなことから突然アマイタマシイがプチ復活します。
( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ゜
sWS0008.jpg

二月中旬発売の某雑誌に、わたし柴田が主人公ミニ番外編が
掲載されます。このあとはどうなるかは運命次第ですがコンビニで
見かけたら手に取ってみてくださいね!
続きを読む
posted by 柴田羽衣 at 20:40| Comment(2) | アマイタマシイ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

パクタージュの美しいクリスマスケーキ!

こんばんは!柴田です。早くもクリスマスがやってきましたね!
クリスマスはチキン!
そしてすてきなお料理!
161224_039.jpg161224_038.jpg

そしてわたしのことしのケーキは、パクタージュ!
〇ピスタチオクリスマス
161224_023.jpg
いつもお世話になっていました齋藤シェフのうつくしいケーキ、とうとう新宿伊勢丹に予約して、いただくことができました。
161224_020.jpg
隅々まで美しくて、宝石箱の様です(#^.^#)
銀のアラザンがデザインのアクセント!
さわやかなピスタチオグリーン!
161224_014.jpg
カットしてみました(^^)/
161224_004.jpg
アプリコットのあまずっぱいジュレ、ピスタチオのナッティーな風味、わずかにサクサクする口当たりの生地が
いいアクセント!こんなに美しくておいしいケーキを作り出す齋藤シェフのセンスと技術にあらためて
感動してしまうのでした(#^.^#)
今年はみなさんどんなクリスマスイブをお過ごしでしょうか?
わたしは斎藤シェフの魔法ですばらしいイブになりました!
そして早くも食いしん坊のわたしは、ガレットデロワのことであたまが
一杯なのです…(;´Д`)

posted by 柴田羽衣 at 21:20| Comment(0) | ケーキ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

アマイタマシイとマテリエル!

こんにちは!柴田です!ご無沙汰してしまいましたがすっかり季節は冬!
アマイタマシイ新装版三巻、手に取って頂けましたか?かわいい
ピンクのカバーに熊谷シェフが目印です!
sWS0003.jpg
とうとうこれで最後の一冊になり、寂しい気持ちでいっぱいですが
この物語の続きが読みたい!という動きが形になればつづきもあるかもしれませんね。
わたしももっともっと甘いお話がしたかったので、忘れずにいてくださると嬉しいです。
ご協力書店さんでは以下のデザインのクリアファイルか
sあまたま三巻クリアファイル2.jpgsあまたま三巻クリアファイル1.jpg
ポーチにもすっぽりおさまる可愛らしいミラーのどちらかをプレゼント!
sWS0008.jpg



配布してくださる全国素敵書店さんリストは以下をご覧くださいね(⌒∇⌒)
WS0005.JPG

さて先日わたしははじめてマテリエルに伺いました!
シュトーレンがお好きな方にプレゼントするためなのですが、こちらのお店の
シュトーレンはとてもおいしくて大好きなのでもちろんわたしも買ってしまいました(´∀`∩)
もう名物のパフェは終わっていて、年内は20日以降はイートインもお休み!
そしてお店ははやくもクリスマスモード。
sCIMG8200.jpg
とってもすてきな店内は、お断りして撮影しましたが基本的に
撮影自由なのがうれしかったです(⌒∇⌒)
sCIMG8210.jpg
とってもすてき!
sCIMG8206.jpg
ケーキも
sCIMG8212.jpgsCIMG8211.jpg
焼き菓子もたくさん!

そしてケーキを購入!

〇マカダミアエラブル
161213_008.jpg
ナッツ大好きの私はマカダミアナッツも大好き!こちらはマカダミアナッツのダックワーズに
メイプルシロップのムースリーヌ。ちょっと上品で
さっぱりしたお味。重さがない代わりにコクも少ないけれど、ほんとうに上品。
マテリエルの上品さがナッツにあらわれた感じですが、個人的には
もうひとつはっきりした処があっても良かったような。

〇プティ・ノエル(ショコラオランジュ)
161213_004.jpg
これは素晴らしい!
ひと口で美味しさがジーンとするぐらいはっきりとした口当たり。素敵!
161213_001.jpg
チョコレートムースとオレンジの組み合わせはよくあるのですが、
両方が生きていてどちらもしっかり味わいがある。
チョコレートの味の強さにオレンジがきえることなく生きて、形もマカロンで飾った愛らしいノエル!
これはとってもおすすめなので、価格は650円とマテリエルにしては
お高いのですが、見かけたら是非召し上がってくださいね。

〇タルトショコラフリュイルージュ
161214_004.jpg
こちらはしっかりしたタルト生地にクレームダマンドショコラがギュッと詰まって
カシスとフランボワーズがたっぷり入っています。
161214_001.jpg
意外に甘くなく古典菓子の様。一瞬物足りなくも感じますが
食べ進めるうちにしっかりした美味しさのあるギュッとしたタルトです。

こんなふうにしあわせになるおいしいお菓子、
そのすばらしさと伝え続けられたおいしさ、
それは人間にとってどんなものなのか、
わたしはずっと考えてきました。
かたちにはできないけれどおおきくて、
とても優しいものだと思います。
それをアマイタマシイという漫画でのこせたら、
大変嬉しく思います。
でもでも、もしも奇跡がおきたら…また新しい年もおねがいいたしますm(__)m
posted by 柴田羽衣 at 17:03| Comment(2) | アマイタマシイ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

長野は人工知能とタヌキケーキの甘い街!

こんにちは!
柴田です!ご無沙汰していました、アマイタマシイ新装版2巻、
手に取って頂けましたか?いよいよ12月発売の3巻で最終巻!
どうかお付き合いくださいね。
さてわたしは先日長野県にぶらり旅にいってきました!
以前から伺いたいと思っていたのですが
本当にすてきなところでした!
sWS0001.jpg
東京からですと松本へは新宿からあずさがでていますが
とっても気楽に伺えます。はやければ2時間半ぐらいで松本に到着。
松本の手前の塩尻で下車して乗り換えるとこんなにひなびたかわいい街に着きました。奈良井宿!
CIMG7833.JPGCIMG7841.JPG

あまりガイドブックにも紹介されませんがとても素朴で
建物がかわいいんです。お手入れされて古い町並みもきれいですが
観光地然とした商売っぽいかんじはなくふるさとに帰ってきたような懐かしさ。

見ごたえのある街並みがお好きな方は是非行ってみてください!
そろそろお腹もすいたので古民家のすてきなお料理店でランチをいただきました(⌒∇⌒)
徳利屋
CIMG7844 (2).JPG

じゃーん
CIMG7846 (2).JPG
五平餅は3種類のお味噌がついてやや小さめ、
煮物、塩イカのきざんだものにマヨネーズのサラダ、どれも手作りの美味しさです。
そしてお蕎麦!
sWS0002.jpg
こちらもあっさりした量でしたが定食のフルコースにはぴったり。
しこしこ弾力があって、とても美味しくいただきました。

そしてこの日のお宿は松本郊外の美ヶ原温泉にある追分屋旅館。
うつくしいお庭をながめながらのどかに足湯。
CIMG7859 (2).JPGCIMG7855.JPG
コンパクトながらお風呂が色々あってお料理もかなりの数でした。
朝食だけでもこんなに!
CIMG7852 (2).JPG
久々に旅の楽しみを味わいました(⌒∇⌒)

そして松本城をめざします。
しかしその前に…古き良き美しき長野で是非行ってみたいと願っていたのが
スイーツ界の人工知能!
sWS0003.jpg
老舗のお菓子屋さん、開運堂が巨額の資金を費やして作ったアイスクリームをつくるロボット!
「ナンチャン」
CIMG7878 (2).JPG
すごい!菊田先生の漫画みたい!おもわず興奮しました。
開運堂本店はとても老舗らしく落ち着いた雰囲気なのですが
CIMG7883 (2).JPGCIMG7880 (2).JPG
おお!
CIMG7876 (2).JPGCIMG7879.JPG
突然近未来が!

まずレジでお金を払ってコインを戴きます。
コイン投入、モニターにタッチ!
CIMG7863.JPGCIMG7864.JPG
日替わりのフレーバーはメロンカルピス味のソフトクリームです!おいしそう!

ナンチャン稼働!ウィーン(^◇^)コーンを選んで、ソフトクリームを絞っています!衝撃!
CIMG7869.JPG
きれいな形に完成したソフトクリーム。ナンチャンのアーム→コンベアでお客様に手渡されます。
CIMG7871 (2).JPGCIMG7873.JPG
お味はさっぱりあっさりで、メロン風味のジェラートと言った感じ、店内で
戴けますので是非ナンチャンのソフトクリームを召し上がってくださいね。
CIMG7877 (2).JPG
ひとしきり街を散策して、ひとやすみ。ランチです(⌒∇⌒)
とってもレトロな老舗洋食店、おきな堂
じゃーん
CIMG7900 (2).JPGCIMG7899 (2).JPG
オムライスにハヤシソース、チキンカツのセット、安曇野野菜のサラダ。
このハヤシソースが甘すぎず辛すぎず、マイルドでとても気に入りました。揚げたて
チキンカツはサクサクです。
オムライスの量は少食の方のために調節して頂けます。
またサラダのレタスは味が濃いのびっくり。とても質が良いお野菜に感じました。

そして念願の松本城に!
CIMG7902.JPGCIMG7904 (2).JPG
忍者もいます!
この日は雨がぱらつくあいにくのお天気でしたがお城はとても見ごたえがありました。
CIMG7929 (2).JPG
いまでは手に入らないようなおおきな材木で堅牢につくられたお城
天守閣まで行くのは大変ですが是非登って、当時の城主の気分を味わってくださいね

そして松本駅方面で一休み。
CIMG7932 (2).JPG
ネットで調べて、わたしの目に焼き付いた
タヌキケーキが戴ける翁堂に伺いました!

いたー!タヌキの群れです!
CIMG7940 (2).JPG

CIMG7939 (2).JPG
わーかわいいー!
CIMG7938 (2).JPG
タヌキシリーズに仲間のパンダもいます!
CIMG7937 (2).JPG
おともだち、マルチーズ犬のムギちゃんもいます!
CIMG7936 (2).JPG
ねりきりもならんでいますー!

少し前にテレビで特集されて静かなブームだったタヌキケーキ。
タヌキケーキ生息地図もあります。
こんなに大量にならんでいlて感動です。なぜにケーキがタヌキなのか?
このお店の2階に由来の張り紙が。
CIMG7942.JPG
丸山太郎さんの絵本由来のイメージケーキ?タヌキケーキの
由来はいろいろ言われていて、確かな起源はわかっていないそうです。
そしてイートインでピーナッツタヌキとオトナタヌキを戴きました
CIMG7945 (2).JPG
これが意外にもなかなか美味しかったです。
大きいタヌキやパンダは台座がバタークリームロールケーキだそうですが
オトナタヌキは胴体がラムボールでしっかりラム酒のいいかおり、
マイルドなピーナッツタヌキはゴロゴロとピーナッツが入った生地でナッツ好きには
たまらないおいしさ。どちらも派手さや本格フランス菓子のような凝った感じではないのですが
いつかおばあちゃんが買ってきてくれたようなあたたかい懐かしさのあるケーキなのです。
CIMG7943 (2).JPGCIMG7950 (2).JPG
なつかしさと新しさが同居する長野を案内してくださったのは
お薦め漫画『江戸の検屍官』の作者、高瀬理恵先生!
ありがとうございますm(__)m
CIMG7960 (2).JPG
とっても気さくではつらつとして(御本人は元気じゃないと言っていますが(;^ω^))
色白でかわいいお顔は江戸の才能あふれるアーティスト、ヒロインお月ちゃんに似てるかも!
長野ならではのお話もたくさん聞かせてくださってたいへんお世話になりました。
古きよきものとサイバーな近未来が同居する長野県、是非出かけてみてくださいね(*_*)
posted by 柴田羽衣 at 01:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする