2016年08月17日

アマイタマシイ発売直前!+夏ケーキ!

こんにちは!柴田です!とうとうわたしたちの『アマイタマシイ』がみなさまのお力で
紙の本になりました!お盆を挟んだのでまだ書店さんに届いていない地域も多いのですが

東京都内では8月18日から、九州、北海道等では22日ぐらいから。
Amazonでは8月13日発売となっていますが18日ぐらいには購入できるようになるそうです。
少なくとも8月20日には特典付きの書店さんではご購入可能のはず!
ではではご購入特典についておしらせしますね!


書きおろし甘魂通信(ペーパー)つき
〇アニメイト 〇中央書店 〇まんが王 漫画全巻ドットコム 〇とらのあな
〇TSUTAYA西宝店

カラー書きおろしポストカード
〇NET21恭文堂コミッククラフト店〇○ミライア本荘店○喜久屋書店仙台店○ヴィレッジヴァンガード金沢示野店○ブックシアターベル水海道店○明屋書店中央町店 ○芳林堂書店関内店○有隣堂戸塚モディ店○TSUTAYA西宝店○ブックファースト新宿店
〇紀伊國屋書店全国6店舗→→https://www.kinokuniya.co.jp/c/20160808110000.html

どうかどうかよろしくおねがいいたします。

そして夏のあまいものたちです。なかなかいそがしくてあまい活動ができなかったのですが
おいしかったものたちをご紹介します(⌒∇⌒)

野菜食堂 七福
〇桃のソルベ
sIMG_1981 (2).jpgsIMG_1984 (2).jpg
こちらは武蔵野市民文化会館近辺にあるこだわりの野菜レストラン。このうつくしさにひかれて
出かけてきました。紅茶のゼリーの下にたくさんの桃!
お味はほんとうに桃!グラニテというか、桃そのもののさっぱりさ
こちらはコーヒーやガムシロップもオーガニックで、お野菜もとてもおいしいのです。



ルラシオン
〇アシドゥレ
sIMG_2002 (2).jpgsIMG_2003 (2).jpg
こちらはココナッツの入ったしろくてさっぱりしたダックワーズ生地がかるかんみたいで
とても気に入りました。和菓子の様にすっきりと軽くさわやかなケーキ。
パッションフルーツクリームににラズべりーも酸っぱすぎずとてもバランスが良いのです。
夏にケーキはちょっと…という方にもお勧めします

〇レヴェイユ
sIMG_2012.jpg
こちらはライチのジュレのヴェリーヌですが、とてももちもちした舌触りでこの弾力はアガー?
ゼラチンではないと思います。そしてお味はローズのクリーム、フランボワーズのジュレでなぜかオリエンタルな印象。中華街で食べた
デザートを思い出しました。こちらもどなたにも戴けるおいしいデザートです。

〇ネクタリンのタルト
sIMG_2021 (2).jpgsIMG_2027 (2).jpgsIMG_2028.jpg
これは新鮮なネクタリンが大量に載せてこんがりやいてある豪華なデサート。
とにか旬のく果物のねっとりしたおいしさとパリパリ生地の美味しさで、シンプルながらとてもお勧めできる季節のデザートです。

そして特筆すべきはこのときオーダーしたふたつのコーヒーのフラッペ!!
sIMG_2008 (2).jpg

カフェとショコラバナーヌですが、こうしたあまいドリンクってケーキのあまさを損なうかも
…と注文してから考えたのですが両方ともあまさはあるものの
深いコーヒーの苦さが心地よく、まったくケーキのあまさの邪魔をしないのです!
sIMG_2009 (2).jpg
これは驚愕!ぜひおためしください!

そしてユウササゲ
この日はとても暑かったのでパルフェサンドのパルファン。
sIMG_2017 (2).jpgsIMG_2019.jpg
こちらはお店のスペシャリテをアイスにしたものですが
フランボワーズが びっしり入って、とてもさっぱり。
他のお味もたくさんあったのですが暑さの為か売り切れもチラホラ…
おいしいのでお急ぎくださいね。お店にイートインがないので食べながら千歳烏山さんぽも楽しそうです!

そして『アマイタマシイ』を持参して、ずっとずっとお世話になっている
パティスリー・ラブリコチエさんに伺いました。
sIMG_2031.jpg
なんとふたつの新作が!
〇ブルーベリーのタルト
sIMG_2033 (2).jpg
このみごとな大きい新鮮なブルーベリーにクネルのかんむり
sIMG_2037 (2).jpg
、中はマイルドでたまごのオレンジ色が見ただけで
おいしそうなカスタードクリーム。ダマンドに程よく焼いた香ばしいタルト生地が抜群に美味しい(⌒∇⌒)

〇メロンのパンナコッタ
sIMG_2034 (2).jpg
こちらは昨年もつくっていらしたアイテムですが、わたしは大のお気に入り。
お酒が効いているわけでもすごく作り込んだわけでもないのにとにかく
しみじみする素晴らしさ。
みずみずしいメロンがたっぷり、やわらかなクリーミーなチーズもたっぷり、
冷やしていただくとその新鮮な
おいしさにただただ感動してしまいます。ある意味本物のメロンよりも
美味しいかもしれません。
残念ながらブルーベリータルトは終売してしまいましたが
メロンのパンナコッタはシェフが器をたくさん仕入れてしまったため(笑)
器がなくなるまでつくりつづけてくださるそう。
是非きんきんに冷やすか、お店で戴いてくださいね。
sIMG_2032 (2).jpg
そしてさくさくのふわふわのバター薫るきつね色のクロワッサン
sIMG_2042 (2).jpg
あたためていただくとデニッシュ生地の中からとろけるショコラ
sIMG_2040 (2).jpg
なつかしいあまさの味わい深いレザン
sIMG_2038 (2).jpg
週末にシェフが焼くこれらのパンは大人気でみるみる無くなっていきますので
はやめにお店に伺ってくださいね。

やわらかくふんわりしたウィークエンドシトロンはお土産に(⌒∇⌒)
sIMG_2047 (2).jpgsIMG_2049 (2).jpg
しっとりやわらかくてカステラの様!これはまたラブリコチエらしいバターケーキです。

佐藤シェフはことしの夏はアイスクリームをつくりたいとお話ししてくださったのですが
残念ながら人手不足でかなわず(>_<)奥様も
「夢なのか、ずっとアイスクリームを作りたいと言っていますね」とお話しされ、
ラブリコチエ・アイスクリームが食べてみたいわたしはいっそ働きたいと思うのですが
生まれつき動作がスローモーなのでなかなかそうもいかないのです
そこで是非是非やる気のあるパティシエさん、ラブリコチエにいらしてください。
最近お菓子の世界は人手不足でパティスリーがどんどんなくなっていくのでは、
という噂も耳にしてハラハラしているわたしです。
でもそんな中でもへこたれずにしっかりはっきりおいしいケーキを作り続けて、
ファンのお客様が笑顔で訪れるラブリコチエの逞しさにじーんと感動しました。
わたしもくじけずがんばらなくちゃ。
プリンの焼き方からシェフが教えてくださいますので、是非是非
あまいお菓子が好きな方いらしてくださいね!

そして逆境にまけないときめたわたしたちの『アマイタマシイ』
またまたとってもかわいい本にデザインしていただきました!(⌒∇⌒)
三冊、本棚にそろえてくださいね。よろしくお願いいたしますm(__)m

posted by 柴田羽衣 at 12:39| Comment(0) | アマイタマシイ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

東北甘い旅にいってきました!

こんにちは!柴田です!
この夏、復刊ドットコムさんからわたしたちの本が発売されます!
色々な準備をしていますのでどうか楽しみにお待ちくださいね。(^▽^)/
さてわたしは先日一足早い夏休み?山形県鶴岡市に行ってきました。
まず空港でこんなかわいいうさぎがお出迎え。
sIMG_1779.jpg
だだちゃ豆がお顔についた真っ赤なうさぎ!まめうさちゃんと言うそうです。
庄内空港のマスコット
sIMG_1780.jpg
ここにも
sIMG_1783.jpgsIMG_1784.jpg
こっちにもいます(´∀`∩)

さて空港からリムジンバスで30分ぐらいで鶴岡駅に到着。そこからタクシーで
鶴岡公園へ。
現在鶴岡市の公園のお向かいには慶應義塾大学のキャンパスがあり
そこには最新のバイオテクノロジー研究棟があるのです!
そこにこんなすてきなレストラン
水の食卓・百けん濠
sIMG_1643.jpgsIMG_1659.jpgsIMG_1641.jpg
じゃーん
百けん濠ランチ!
sIMG_1647.jpg
雑穀米にお野菜のフリッター、野菜サラダ、ぷりっぷりの庄内鶏、
とてもおいしい定食のあとはこの日バースデーだった同行の方のケーキが
到着!
sIMG_1653.jpg
かわいいフルーツロールケーキ!

こっちはわたしの(´∀`∩)
sIMG_1656.jpg
限定でいつも10個ほどしかパティシエさんが作らないケーキだそうで、
フォークをいれるとおっきなバナナ!
sIMG_1658.jpg
ふわふわしっとり、キハチロールとバナナロールが合体してワイルドになった感じ!
横についているのは定食のおまけのさっぱりしたプリン!
もちろんおいしくいただきました。

そして大寶舘や致道博物館へ足を延ばしました
sIMG_1666.jpgsIMG_1673.jpg

致道博物館前のカフェでひとやすみ。
sIMG_1672.jpg
くろみつにきなこをかけていただくちまき、笹巻をいただきました。
sIMG_1670.jpg
さらに藤沢周平さんゆかりの地をあるいたあと、鶴岡駅にもどって
大宝寺のまえにあるパティスリー・オーボナクイユに伺いました。
sIMG_1708.jpg
店内はとっても広々しておしゃれ!閉店間際でケーキも少なくなっていましたが
イートインコーナーではサンドイッチもいだたけるそうです。
sIMG_1707.jpgsIMG_1706.jpg
丸山シェフは元和光ショップ、現在オリジーヌ・カカオの川口シェフのもとで
修業されたとか。期待でワクワク。ケーキを購入してホテルに向かう途中、
見つけました。
伝説のコーヒー店、吉祥寺もかで修業されたコーヒーの匠!門脇さんのお店
「コフィア」→
メニューです
sIMG_1710.jpg
わたしのチョイスはブラジル!
sIMG_1711.jpg
とてもキレがよく香りゆたかなコーヒーで、すっと一杯かるく飲めてしまうのです。
庄内のおいしい水で、コーヒーのお味がみずみずしく澄んでつたわってきます。
おかわりがしたかったのですがケーキが溶けてしまうので
ホテルに向かいました。

オーボナクイユ
〇苺ロール
sIMG_1714.jpg
どなたにも喜ばれるフワフワピンクのいちご生地に、たっぷりのクリーム!
食べ応えもあり見た目がとても乙女なかわいらしいケーキです。

〇シャルロット
sIMG_1713.jpg
こちらは側面にホワイトチョコレートを配して、一見何のケーキかな?
と思ってしまいますがなんとピスタチオムースが隠れています。
sIMG_1716.jpg
これがバニラのムースにベリーのすっぱいソースと合わせていただくとさっぱりしてとても美味しい(⌒∇⌒)!
お薦めです。

〇フォレノワール
sIMG_1720.jpg
こちらは大人向けとお店の方に言われましたが見た目のカッコよさに購入!
とてもおいしいキルシュ薫るフォレノワール。中のチェリーも食べやすい大きさでしたが、
ほろ苦くビターなチョコレートとあまいクリーム、お酒がふわっと薫って単調でない複雑な美味しさ。
全体のバランスがよくとても気に入りました。
丸山シェフの確かな手腕を感じます。
また是非伺いたいお店です!

そして翌日はさくらんぼ狩り!

櫛引町の鈴木さくらんぼ園さんにむかいましたがタクシーの運転手さんも
知らないのでドキドキしながら伺いました。
わーカフェみたいなかわいい看板発見!sIMG_1723.jpg

たくさんの佐藤錦!脚立に上っていただきまーす(⌒∇⌒)
sIMG_1737.jpgsIMG_1730.jpgsIMG_1732.jpg
かつて鶴岡市にもさくらんぼ農園はあったのですが品種改良に失敗して
おいしいさくらんぼが出来ず、農園は総てさくらんぼの樹を切ってしまったそうです。
しかし佐藤栄助翁が東根市であまくおいしい「佐藤錦」を育てることに成功!
ちょっと出遅れて今では鶴岡でも櫛引町でさくらんぼを育てているのです。
とれたてのさくらんぼのあまさは格別で、また是非うかがいたいなーと思う
わたしなのでした。
sIMG_1742.jpgsIMG_1729 (2).jpg

そして鶴岡のソウルフードといえばこれ
マンガ美味しんぼにも登場したという東北の宝!とち餅!
坂田とち餅店!
sIMG_1745.jpg

こちらは前日に予約しますと確実につきたてのとちの実のはいった
やわらかいおもちをお取り置きいただけます。
sIMG_1787.jpgsIMG_1789.jpg
おいしいー(´∀`∩)
あかちゃんのほっぺたのようなおもちにはとちの実の風味たっぷり
さらりとあまいあんこ!
お店の方もとってもやさしいので是非うかがってくださいね!予約しても
食べる価値のあるおいしい郷土のおもちです。

そしてあん玉!
山形でも鶴岡市だけのソウルフード、しろい皮に
こしあんのつつまれたたこやき風きんつば?

おまつりの時しかいただけませんがこちら鶴岡八幡宮向かいの
謹栄堂さんはいつもつくっていらっしゃいます。
sIMG_1769.jpg
やきたてのあつあつか、あたためていただくのがおすすめです。
sIMG_1791.jpgsIMG_1793.jpg
そろそろ東北のさくらんぼも終わり、すいかやメロンの季節になりますがあつい夏も
おいしい果物やなつかしい素朴なおやつをあじわって乗り切りたいもの。
わたしたちの紙の本も、たのしみにお待ちくださいね!

posted by 柴田羽衣 at 22:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

アマタマ修業!ユウササゲでケーキレッスンです!

こんにちは!柴田です。
復刊ドットコムのお知らせ、もう見てくださいましたか?読者の皆様のおかげで
電子版→紙になることが決定して、わたしもうれしさでいっぱいです。


書きおろしにおたのしみ企画、用意していますのでお待ちくださいね(⌒∇⌒)
さてさてわたしはお仕事の合間、ケーキのお勉強に行ってきました!
やっぱり食べているだけではわからない事が沢山ありますからプロ
シェフに教えていただける機会に行ってきました!
こちらのお店です
じゃーん
sIMG_1586.jpg
ユウササゲ!
こちらでガトーフランボワーズと
スフレフロマージュパッションを教えていただきます。
厨房は道具が沢山!オーブンも沢山あって大きな作業台が中心にあります。
sIMG_1456.jpg
捧シェフにごあいさつしてレッスン開始です。
まずアングレーズをつくります。
sIMG_1457.jpg
sIMG_1459.jpg
お鍋を温めてゆっくり混ぜていきます。冷めたらポマード状の
よつ葉バターと混ぜ合わせます
sIMG_1463.jpg
いい感じです!

イタリアンメレンゲをつくります。バタークリームを軽くするためだそうです。
sIMG_1464.jpgsIMG_1468.jpg
かなりしっかりめに泡立てたところにアングレーズと混ぜ合わせます。
クレームオブールの出来上がり!
sIMG_1470.jpg

フランボワーズのピュレとキルシュを混ぜこみます(#^^#)

おいしそうなクレームフランボワーズ完成!そしてそして…
sIMG_1473.jpgsIMG_1484.jpg
セルクル型側面にクレームフランボワーズをナイフで塗りつけてか
すっぱいフランボワーズのシロップをたっぷり
打ったジェノワーズを敷きます
sIMG_1485.jpg

三段かさねて…一番上にクリームをならして塗ったら冷やします。
sIMG_1488.jpgsIMG_1491.jpg

さて冷やしている間にもう一品
パッションフルーツのスフレです
卵黄、砂糖、コーンスターチ、パッションフルーツのピュレをまぜてお鍋を温めます。
sIMG_1493.jpgsIMG_1495.jpg
とろみが出て来たら漉して…アングレーズできました!
sIMG_1497.jpg
このクリームチーズはリュクス社のもの、フレッシュで乳味がありおいしいそうです
さきほど作ったアングレーズに3分の1ずつあわせていきます。

今度はスフレに使うためにゆるめのメレンゲをつくります。
sIMG_1515.jpgsIMG_1525.jpg
お砂糖を少しずつ入れないで一気に混ぜるとあまり泡立たないゆるいメレンゲに
なるはたらきがあるそうです。メレンゲをいれたらさっくり混ぜて…
sIMG_1509.jpgsIMG_1510.jpg
ジェノワーズを敷きこんだオーバル型に絞り出して上火220℃のオーブンで
下火を切って焼きます。7分焼いて反転させて4分。

そして冷やしていたガトーフランボワーズの仕上げです。
sIMG_1544.jpg
側面にピンクの砂糖衣をつけた
アーモンドを手で押し付けるように貼りつけててっぺんに
グラサージュ!これがカンをたよりにスプーンでのせてならしていきます。
sIMG_1549.jpg
もちろんシェフはあっという間に丸く塗っていてビックリ!下の画像はわたし!
でもまあまあにはできたでしょうか?(;^ω^)
sIMG_1562.jpg
sIMG_1552.jpgsIMG_1553.jpg
画像はフルーツを飾って捧シェフが仕上げたものです。

美しい!

そして試食タイム(^_-)-☆
sIMG_1560.jpg
sIMG_1563.jpg
ガトーフランボワーズはすっきりさっぱり!そしてフルーティー。
sIMG_1557 (2).jpg
捧シェフのお話ですと
こちらはルコントのケーキで、なんと50年前のルセットなんだそう。それがいまたべても
とっても美味しくてわたしたちの心をつかむこと、じわっと感動しました!
そして濃厚なスフレフロマージュパッション。
酸味が効いて、フロマージュのこくがしっかり。これもすばらしいおいしいスフレです。
捧シェフはとっても気さくでお話もかろやかに、仲良しの
アヴランシュゲネーのシェフがお教室を開催されたお話などもしてくださいました。
しかし卵白とお砂糖のお話になりますとこのままいつまでも卵白とお砂糖の事を語っていそうなぐらいに
アツいのです!うちのシェフの様です!
帰りはそれぞれ今日作ったケーキをお持ち帰り。
ケーキレッスンを受ける前に店内のショーケースにあるケーキ・キープもできます。くいしんぼうの
わたしは当然この可愛いふたつをキープ!
〇タルトスリーズ
sIMG_1590 (2).jpg
アメリカンチェリーがこぼれそうなタルトにはグリオットチェリーが焼き込んであります!この季節ならではの
フレッシュさ。チェリー好きなら必食のおいしさです(#^^#)
〇サントノーレフランボワーズライチ
sIMG_1588 (2).jpg
ライチの入ったシャンティ―にフランボワーズクリーム!なぜか薔薇のフレーバーにも感じる
かぐわしさ!愛らしいルックスながら食べごたえたっぷり。とっても女子力強い気品のあるサントノーレです!

ユウササゲでのケーキ・レッスン、面白くてためになって
おいしい1日でした。お店の方もシェフもみなあたたかく親切で、ケーキが
お好きな方はいちどお教室に行ってみるとおもしろい発見があるかもしれません!
とってもとってもお勧めします!

posted by 柴田羽衣 at 19:49| Comment(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

齋藤シェフおめでとうございます!幸せいっぱいのパクタージュ(^◇^)

こんにちは!柴田です!
わたしたちアマタマの紙版発売のニュースに続いてすてきなすてきなおしらせがあるんですよー(^◇^)
sIMG_1261.jpg
それはアマタマコーヒーを配布してくださった玉川学園前のパクタージュのすばらしいニュースなんです!
じゃーん☆ミ
sIMG_1276.jpg
齋藤シェフに赤ちゃんが誕生しました!わー可愛い( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ
おめでとうございます
sIMG_1278.jpg

とてもはっきりしっかりしたお顔立ち、なんだか落ち着いた佇まいはシェフにそっくり!
まつげもながーい!早くもイケメンの予感です(´∀`∩)
抱っこさせていただいても
どーんと落ち着いた雰囲気で大物の気配が漂います。
これは将来イケメンパティシェになってパクタージュでご両親譲りのすごい才能ですばらしいケーキをつくってくださるに
ちがいない!←勝手にそんな妄想をしてしまいました!
是非是非、お店に伺ったらシェフにお祝いの言葉をかけてくださいね(⌒∇⌒)
とにかくしあわせな空気が充満してなんとなくパワーアップしたパクタージュのケーキたち!
ssIMG_1298.jpg
ssIMG_1297.jpgssIMG_1296.jpg

どのケーキも美しいです(⌒∇⌒)そしてパンも充実!
sIMG_1302.jpg
sIMG_1301.jpg
そしてクッキーでサンドしたこの季節ならではのアイスクリームもありました!
sIMG_1300.jpg
戴いたのはこのみっつ(⌒∇⌒)
sIMG_1265.jpg
〇ショコラバナーヌ
sIMG_1267.jpg

一目でひきつけられるかわいいデザイン、チョコレートとバナナの組み合わせは王道ですがこれはとても滑らかで
こっくりしているのにしつこくないのです。
sIMG_1272.jpg
このようにバナナとムースが潜んでいて、でもチョコレートもしっかり存在感がある。
バナナの味わいも一体になって、爽やか。シェフは何種類ものチョコレートを
素材に合わせて使いこなしているそうですが、今回も秀逸です(⌒∇⌒)
〇イヴローニュ
sIMG_1268.jpg
あら可愛い!しかしめっちゃ強烈です!お酒がガツンと利いた大人のお菓子!ひとくちでしびれる感じがしますが
これがとてもいい薫り!
sIMG_1273.jpg
カラフルなフルーツが隠れている生地はしっかりしたタルト台につつまれて激しく主張してきます!
パクタージュのアンバサダーがお好きな方は是非是非召し上がってください。
ちなみにイヴローニュは、酔っぱらいの意味だそうです(;'∀')
ややどきどきしてきましたがもちろんシェフのお菓子はアルコール抜きでもとっても素晴らしいんですよ
〇スープアングレーズ
sIMG_1269.jpg
こちらはアルコール入りもあったのですが周囲の心配であえてお酒の無い方を選びました。
でもこれがまたとても素晴らしい。軽いライムのメレンゲの下のアングレーズはすっきりして、
いちばん下においしいパイナップルが隠れています。ライムのフレッシュな酸味が全体をきりっと引き締めて
とても清涼感のあるお品です。いまの季節にぴったりな、滋養がつきそうな逸品です。
そして、以前に戴いた古典菓子→アニョーパスカルという羊の形のお菓子
sIMG_0752.jpg
こちらのかわいいお菓子について色々お話ししていただきました。
じゃーん
sIMG_1283.jpg
sIMG_1285.jpg
鯛焼きのようなアニョー・パスカルの型です!フランスで購入したそうですが、この陶器の型は焼き型として
使用する前になんと牛乳で煮るそうです。
そして長さ40センチほどのウサギの型も見せていただきました
sIMG_1282.jpg
おっきい…(^▽^;)そしてリアルなうさぎなのです。この型でも大きな大きな焼き菓子を作られたそうで、
来年はわたしも予約して購入したいと心に誓いました。
アニョーパスカルは本来ジェノワーズのようなふわっとした生地ですが
パクタージュのアニョーパスカルは斎藤シェフのオリジナル。
アーモンドのたっぷり入った、とにかくものすごくしっとりして深みがある。
いままで食べた事がないほどおいしい生地なのです。
「古典を知ったうえでさらにおいしいものをつくる、古典を知らなければそれは出来ない」
とお話しなさる齋藤シェフ。
全くぶれない力強さ、ほれぼれします(⌒∇⌒)
さらにちょっとお味見で戴きました、焼きたてのアーモンドのクッキー!
sIMG_1288.jpg
こちらは試作と言うことでしたが、たくさんの上質なアーモンドの歯触りを素朴なカソナードのおいしい生地が繋いでいて
素朴な中にも力強い美味しさであっという間に食べてしまいました(^◇^)
アーモンドが主でクッキー生地が従!なんともいえない密度に圧倒されます。
厚みもたっぷりで直径が7センチぐらいなのですが、焼き菓子を強化していきたいという
シェフの野心作。大小サイズをどちらにするか、考えていらっしゃるとのことでしたが
わたしはクッキーは大きければそれだけ食べてしまいますが(⌒∇⌒)小さく作っても
色々なお味を味わいたいお客様には向いている気もします。
パクタージュの焼き菓子棚、これから続々お品が増えていくことと思いますので
要注目してくださいね!

お店の名前「パクタージュ」=わかち合うの意味だそうですが、こんなにかわいい天使がやってきて
しあわせいっぱいのお店に是非うかがってくださいね!とってもすばらしい気持ちをわかち合える事、間違いなしです!
WS0009.JPG



posted by 柴田羽衣 at 21:58| Comment(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

アマイタマシイが全巻!紙の本になります!

今年もはやくも六月です!梅雨を前につかのまのさわやかなひととき、いかがお過ごしでしょうか?
そしてそして、アマイタマシイのゆかいなお知らせです!

アマイタマシイが全巻、紙の本になって発売されます!

これもすべて、応援してくださった読者の皆様、そして宣伝活動にお力添えくださった
書店さん、パティスリーさんのおかげです!
ほんとうに『アマイタマシイ』を愛するみなさまに熱く応援して頂かなければ、このような
運びにはならなかったのです!とっても感動しています!

復刊ドットコムからの発売なので通販が主となりますが、がんばって書店さんに
置いていただけるようわたしも活動しますよ!

このように書きおろし付きで全三巻になります。
もちろん一冊ずつも購入できます(⌒∇⌒)
楽しい企画もいろいろ考えております!
どうかわたしたちをこれからも見守ってくださいね!
本当に心から、とっても!ありがとうございます(#^^#)
WS0010.JPG
posted by 柴田羽衣 at 15:24| Comment(8) | アマイタマシイ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする