2015年10月24日

パティスリー・トゥルモンドに行ってきました!

こんにちは!柴田です。
きょうはお仕事もあって都心に出てきました。街はすっかり秋の気配ですが、
わたしはもちろんケーキの気配です。
武蔵小山にあるパティスリー・トゥルモンドに伺いました!
こちらの坂下シェフは先日♯アマイタマシイ、とハッシュタグをつけてくださり
モンブランについて
「♯うちのだって負けてない♯むしろイチバンだと思ってる」
とのツイートをされていて、漲る自信に尋常でない才能を感じ、わくわくしながらお店に伺いました。

武蔵小山を降りてほんとうにすぐ、おしゃれなお店が見えてきました。
sCIMG6681.jpg
こちらは入口付近に小さなテーブルがあって、出来立てのお店のケーキを頂けます。
お店の中はハロウィン一色。店員さんもみなさん可愛くてとっても感じが良いです!
飲み物のサービスはないそうなので、駅でお茶を買っていきましょう(⌒∇⌒)
そしてケーキ。じゃーん
sCIMG6675.jpg

わたしのチョイスはこのふたつ。

〇シャインマスカットのタルト
ssCIMG6677 (2).jpg
美しい!すごいでしょう?
このあふれそうな果実がみずみずしい!
皮ごと頂ける大粒の新鮮なマスカットは
ケーキと食べやすいように形よくカットされている細かい気配り。
濃くしっかりしたクレーム・ムースリーヌ?にブルーベリー入りのダマンド生地、タルト生地。
これは形もお味も素晴らしいおすすめケーキです!

〇モンブラン
sCIMG6679.jpg
こちらは坂下シェフの自信作。
わたしのイメージするモンブランと形は違いますが、とても上品な秋の味。
生クリームをかぶった和栗クリームは軽く、中にもご褒美の大きな栗がコロン。
メレンゲは使用せずショコラ生地の台はほろ苦く、ただ栗甘いだけでない主張を感じます。
どうしても絞り出した栗ペーストのモンブランにサクッとしたメレンゲが食べたいという方には向きませんが、
お店のオリジナリティが伝わるおいしさです!
坂下シェフはモンサンクレールでスーシェフを務められたそうですが
どちらかというと個性的で大人なデザインのケーキが多いです。
さらにやさしい店員さんからチョコレートのクロッカンをおまけに頂きました
sCIMG6676.jpg
…ありがとうございます(⌒∇⌒)
こちらもカリッとしてショコラの香り高くとても美味しくいただきました。
あまりマニアの間では呟かれませんが
スタイリッシュで独創的なお菓子たちだけでなく
こんなにかわいらしいクマちゃんのピスタチオレーズンサンドクッキーなどもほっとさせてくれます。
151024_1805-01 (1) (2).jpg
パティスリー・トゥルモンド、坂下シェフのすてきな世界をのぞきに行ってくださいね(^▽^)/

posted by 柴田羽衣 at 19:05| Comment(0) | ケーキ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

秋のパクタージュとエチエンヌ!

こんにちは!柴田です。連休中はいかがお過ごしでしたか?
わたしはもちろんケーキです!
というより、ケーキのきれいな撮影の方法、テーブルセッティングの勉強もかねて、
2Fで写真展が開催されていると聞き、
パティスリー・パクタージュに伺いました。
151012_078.JPG
ただケーキを撮影するだけでなく、美しくセットして
撮影した写真の数々、生徒さんも先生も、個性とアイデアを駆使して
斎藤シェフのケーキに物語を演出、とても見ごたえのある展示でした!
151012_029.JPG

美しい!

ため息出ちゃいます。

宝石のように美しいケーキ写真の数々を拝見しつつ、会場で宝石よりも
おいしいケーキをいただきました(⌒∇⌒)

〇シャンティ オ フレーズ
151012_012.JPG
これはオーソドックスなおいしいショートケーキ。さわやかなジェノワーズと
たべやすい大きさのイチゴ、強力なパクタージュにはめずらしい楚々としたおしとやかさ。
でもだれにでも愛される繊細さでとても美味しくいただきました(^▽^)/

〇ショコラ ラム レザン 
151012_008.JPG
新作はたっぷりしたバタークリームにラムレーズン入りの生地のシンプルな
二層構造のケーキ…しかしこれがまたクリーム部分とラムの生地の
バランスが素晴らしい。やや室温にもどして召し上がってくださいとのことでしたが
確かにとろける口どけです。斎藤シェフらしいとても大人っぽいケーキですが、
酔っぱらうほどではありません。ライトユーザー狙いでなく、自分がおいしいと思うものを
信じて創造する。徹底して自分のスタイルをつらぬく姿勢がわたしが
パクタージュというお店の大好きなところです(⌒∇⌒)

〇モンブラン
151012_015.JPG
こちらは運よくできたばかりをいただきました!
メレンゲがうすくホワイトチョコでコーティングされていたように思いますが、
サクサクのパリパリ!隠し味のようなクルミ、クリームシャンティにコロリと一粒栗、美しく絞った
和栗のペーストもいい香りでクラクラします。こちらは強力にお勧め。
151012_020.JPG
すべての要素がすべて最高レベルに達しています!

そして焼きたてのブドウのタルトをお味見にいただきました!
151012_024.JPG
こちらがまたよい香りで夢見心地。
こちらのタルト生地はアーモンドが多く入っているのか、
とてもサクサクしてそのままクッキーとしていただけそう。


そしてお店の1Fに降りてヴィエノワズリーを見ていると
もしや斎藤シェフのお母さま?(⌒∇⌒)とても感じの良い店員さんにお勧めされて
画像はないのですが流行りの塩パンも購入。とてもよいお塩加減で小麦のシンプルなおいしさが引き立っていました!←パクタージュの塩パン、おすすめです。

〇クロッカン ノア
151012_099.JPG
151012_103.JPG

こちらはサクサクのクロワッサン生地とカリカリナッツ、バターの風味がたまらないおやつ。以外にも軽くて、ほろほろとした歯触りが素晴らしい。

〇クイニー・アマン(手前)
s-P1130330.jpg
こちらはガッツリと甘いけれど、外側がザクッ、中はしっとりのギャップがたまらない美味しさ。
斎藤シェフはレ・サンク・エピスのころから仕事が男らしいと思っていましたが(⌒∇⌒)
ブィエノワズリも骨太!少しパリ・セヴェイユを思い出しますが、
焼き加減はパクタージュの方が個人的に好きです!

そして帰宅途中に新百合ヶ丘で下車
エチエンヌにも伺いました。
お店はすっかりカボチャとオバケのハロウィン仕様、ご家族連れも
ひっきりなしに訪れて、おじいさんもあかちゃんもみんなニッコリ。

〇リンゴのチーズタルト
151012_088.JPG
アヴランシュ・ゲネーのメレンゲケーキもびっくりのクリームチーズが
どばっと乗った下にはまるまる大きなリンゴが隠れています。
151012_097.JPG
大胆!
これがさっぱりしていてとても美味しいのです。
大きいけれどあっさりいただける秋の香りたっぷりのケーキ。リンゴを
ああして丸ごと火を通すのはなかなか難しいので感動しました。

〇モンブランソレイユ
151012_092.JPG
こちらは洋栗のペーストの下に栗たっぷり、カスタード、それにあまずっぱい杏!
151012_096.JPG
わたしはモンブランにベリーやフルーツを入れるのは個人的に好きではないのですが
これはすばらしいコンビネーション。新しい発想です。洋栗と杏の美味しさが
すごくしっくりくるおいしいケーキ。メレンゲの湿気止めのチョコレートも
栗と杏の中を取り持っています。
151012_081.JPG

エチエンヌは歩道側のテーブル席でイートインできるのですが、
店内に無料で飲めるお水があって、ケーキのみ味わいたい方もОKなのですが
この日はシェフお勧めのデトックスドリンクという、さわやかな柑橘のお水も
あって、とてもいい気分でケーキがいただけました。

この近所の方は凄いお店が2つもあってもしあわせだなぁと思いつつ、
わたしも「アマイタマシイ」復活のため気合を入れる所存です。
未発売の3巻4巻をまだ目にしていらっしゃらない皆様、
もうすこしお待ちくださいね。甘い本気をご覧にいれますよ!

posted by 柴田羽衣 at 22:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

さいたまケーキ散歩Aシャンドワゾー!

こんにちは!柴田です。
さいたま散歩のつづきです(おそくなってすみません)
さてさいたま新都心を出発した後は川口へ。
もちろん大好きなシャンドワゾーに伺いました。
151003  _(074).jpg
こちらは季節のケーキ、モンブランがいただきたくて
伺ったところ残念ながら売り切れ(´;ω;`)ウッ…
栗好きの方、お早目にお越しくださいね。
夕方近くなってもお客様は絶えることなく、ウィンドーには
作ったケーキたちが少しずつ補充されています。
151003  _(075).jpg
151003  _(076).jpg

151003  _(078).jpg
151003  _(077).jpg
(許可をいただいて撮影しました)
〇ビスキュイ オ フリュイ
151003  _(080).jpg
これはたくさんのフルーツが入ったショートケーキとフレジエの間ぐらいの感じですが、
クレームパティシェールが重くもったりしていない、ゆるやかでさっぱりした味わい。
しっとりした卵色のビスキュイ生地もとても一体感があり、いい感じ。フルーツもたくさんで、とても軽やか。
どなたにも喜ばれそうなフレッシュなおいしさです!
〇タルト フリュイ セゾン
151003  _(083).jpg
こちらは季節のタルトということで、目の前で出来立てが出てきたところを
包んでもらいました(^▽^)/
いちじくのみずみずしさ、ダマンドの香り、ブルーベリー、そしてサクサクの美味しいタルト生地。
151003  _(087).jpg
すばらしくおいしいタルト。
とくにわたしはシャンドワゾーのタルト生地が大好きなので、もうにっこり顔。
151003  _(084).jpg
このタルト生地の配合を知りたいほどです!

〇クラシックショコラ
P1130176.jpg
こちらは持ち帰って、お店がお勧めするようにレンジで少し暖かくしていただいたのです
以外にも甘さ控えめで、むしろチョコレートの良い香りを生かすケーキ。
あたためると中がにわかにトロリとしてチョコレートのあまい香りが漂います。
すっきりしてくどくない、とてもおいしいガトーショコラです!
〇ミゼラブル
P1130174.jpg
デザインチェンジのうわさもありましたが(;´・ω・)
大きな変化もなくホッとしました。お味は安定の美味しさ。
いつもより塩がエッジのきいた辛味に感じましたが気のせいかな…
どうしてもこちらのピリッとした塩味のきいたバター風味が素晴らしくて、
ほかのミゼラブルと比較してしまいます。わたしの大好きなケーキです。

〇クイニーアマン
P1130168.jpg
こちらは某お笑い芸人さんが絶賛されたクイニーアマン。
オーブントースターですこし加熱していただきました。
基本的にはクイニーアマン大好きなのですがどこのを食べても甘さが強いので
覚悟していたのです。ところがシャンドワゾーのクイニーアマン、
わたし的にはそんなに甘くなく、バターとキャラメルの香ばしい香りで
割ると中身がふあっとしています(⌒∇⌒)一気にしあわせに…!
うっとりなおいしさ!これは良いですねぇ!お勧めです。

そんなわけでケーキ三昧のさいたま、読んでくださってありがとうございます。
ほんとうはこの日ケーキをいただく外出でなく、ほかの目的があったのですが…
いつのまにかこんなことに(´;ω;`)ウゥゥ おかしいなぁ。
でも秋のいい陽気、お友達とケーキ散歩なんて、楽しいですね。
是非連休もちかくのパティスリーにでかけてみてくださいね(⌒∇⌒)

posted by 柴田羽衣 at 18:55| Comment(0) | ケーキ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

さいたまケーキ散歩@アングランパ!

こんにちは!柴田です!先日わたしはお友達とさいたま新都心に行ってきました!
用事が早めに終わったのですが、そうなるとわたしたちはもうケーキ!
兼ねてから名店のうわさを聞いていたアングランパに行ってきましたよ(⌒∇⌒)
151003  _(020).jpg
駅近のショッピングモール、
コクーンシティからすこし歩くと、突然フランスが出現!
グレーのシックな佇まいがアングランパ。ひっきりなしにお客様が出入りして、
店員さんもハキハキと大忙し。
151003  _(023).jpg151003  _(024).jpg151003  _(030).jpg151003  _(031).jpg151003  _(032).jpg

151003  _(034).jpg
ショーケースの中身もこの通り素敵なのですが
(許可をいただいて撮影しました)沢山のパンもうっとりです。おいしそう!
151003  _(021).jpg
151003  _(028).jpg

とっても沢山のすてきなアイテムにチョイスを迷いつつケーキとクロックムッシュを購入、
とっても気持ちのいい秋晴れでしたので、コクーンシティのプロムナードでいただきました(^▽^)/
〇オペラ
151003  _(045).jpg
これは正統派かはわからないけれど、層が厚くてクリームの脂肪分が多くて、マイルドで
まろやかなオペラ!ポーションが小さく価格がお安いのも魅力ですが、
お店の個性を感じます。濃厚ですがちいさなお子さんでもいただけるやさしい美味しさ!

〇ミキュイ
151003  _(046).jpg
オーソドックスな柔らかいチーズケーキですが、しっとりとした味わいはなかなか。
際立った個性はないけれど安心の食べやすさ。こちらもとってもリーズナブルな価格に驚きます。

〇ル・デュック
151003  _(042).jpg
いわばサントノーレマロン。
これは甘い!しかしとってもおいしいケーキ。台のサクサク加減にまず驚きます。
固いというわけではないすばらしい火入れ。焦げてないのにサックサク。
つまりは低温でゆっくりじっくり火を通しているのでしょうか。
またクロス状に上に飾った生地がまたサクサクというかカリカリというか、
決して硬すぎないハードな歯ごたえで香ばしさたっぷり。
151003  _(053).jpg
中にはカシスが潜んでいて甘酸っぱさも網羅。
マロンクリームも食べ応えのある重さで、シェフのこれでもかというサービス精神と実力を感じる美味しさ。
モンブランはこれから始まるそうですが、そちらもとても楽しみです(⌒∇⌒)

〇ミルフィーユ オ フレーズ
151003  _(055).jpg
こちらもサクサクのフィユタージュがちょうどいい焼き加減と厚み。クリームもとてもさわやかで、
ベリーの甘酸っぱさでしつこさがまるでない。ボリュームのあるアイテムなのに
本当にさっぱりいただけます。これはお勧めです。

〇クロックムッシュ
151003  _(059).jpg
こちらはうちのシェフもお得意のヴィエノワズリー。
これがまたとてもおいしかった。パンは三枚スライスで、間にそれぞれ
ハムとチーズ、ベシャメルソースで柔らかく焼いてありますが、このパン・ドゥ・ミーが
耳までさっくりと柔らかくクッキーのように香ばしい。
151003  _(061).jpg
パティスリーのつくった繊細なクロックムッシュそのもの(⌒∇⌒)
丸岡シェフの火入れのセンス、さすがオーボン仕込みということでしょうか?
確かにオーボンヴュータンらしさは感じるけれど、ケーキも本家よりボリュームがあり
いい意味でデザインも女子力高いです。(もちろんオーボンヴュータンは素晴らしすぎるお店です)
ほかのヴィエノワズリも全部食べてみたいぐらい、
妥協を感じない美味しさでした。
さてここまで熱く語ったところでさいたまのケーキレポはまだ続くのです。
おつきあいくださいね(^▽^)/

posted by 柴田羽衣 at 00:01| Comment(0) | ケーキ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

ジャパンケーキショー2015!

こんばんは!すっかり秋ですね。秋といえばジャパンケーキショー!
P1130013.JPG
毎年楽しみですが今回もお勉強に行ってきました(^▽^)/

わたしのお勉強といえばまずこちら

P1120846.JPG
特設カフェで沢山のパティスリーのケーキをいただきます!
P1120851.JPG

お友達とわいわいしながらいただいたケーキは…

メゾン・ド・プティ・フール
〇キャラポワ
P1120855.JPG
これはとってもかわいい形(⌒∇⌒)女性のお客様がかなりチョイスされていて納得です!
P1120862.JPG
梨そのもののような形のケーキのお味はやっぱり梨!中にはコロリとフレッシュな梨、
適度なほろ苦さのキャラメル風味でとても軽やか。さっぱりいだたけるのにとても印象に残るお味です。

リリエンベルグ
〇カルディナール
P1120861.JPG
ドイツのお菓子ということでしっかりしたものを想像していたらフワフワの軽さ!
お皿を受け取ってびっくりしました。シフォンのような卵白たっぷりのエアリーな生地に
コーヒークリームが調和して軽い口どけがどこか懐かしい。
マニア好みではありませんがこれはちいさいお子さんも年配の方も大好きになる
たべやすいケーキ。なぜこんなになつかしい気持ちになるのかは…謎です!

エーグルドゥース
〇サンマルク・オー・サフラン
P1120859.JPG
この美しいルックスに期待がおおきすぎたのでしょうか(;´・ω・)
サフランの香りの黄色いクリーム。ココナッツピューレ入りとは思わなかったほど
サフランの癖のあるフレーバーが強くてほかの味が主張してきません。
上のダクワーズのキャラメル層も厚くて、フォークで切ろうとするとクリームがはみ出して大変でした。
寺井シェフのこだわりは強く感じられます。

〇ミゼラブル・オー・カフェモカ
P1120856.JPG
こちらは出されたときに冷凍で固まっていたのですが、
溶かしていただいても印象は変わりませんでした。
ダクワース生地で二種のコーヒーのクリームを挟んだケーキですが
味と食感が単調でキリッとしたアクセントがなく、コーヒーの香りはなかなかですが、
もうひとつ何かグッとこないあいまいなお味。
マニアの皆様が激賞するエーグルドゥースですが
もしやわたしにあわないのかなぁという感じです。

さてお腹もいっぱいになりましたので他の階の展示を見に行きました(⌒∇⌒)
みごとなピエスモンテ、飴細工、シュガークラフト!今回コンテストにも中国、韓国、ベトナムなど
多彩な国が参加していたので、とてもバリエーションがあって面白かったです。
ケーキ交流で世界平和、国同士がニコニコして皆でおいしいものをいただくような
未来が来ればいいなぁ…私がいつも願っていることですが、そのちいさな片鱗を見た思いです。

そしてカフェに戻ってまたケーキです(o^―^o)
P1130001.JPG

ブラネッツ
〇タンブラン
P1130003.JPG
これはまたかわいいデザインで食べやすいケーキ。山本シェフのブラネッツは
いつも可愛くて通好みすぎないおいしさを楽しませてくれます(⌒∇⌒)
中のフルーツは大きなマンゴーとベリーなど、サービス満点。
とてもいいかおりと思っていたら全体にコアントローがきかせてあるそうで、
すごくさわやか。ピスタチオのビスキュイも杏仁臭くなくバランスよし。
こちらはまたいただきたいケーキです。

フラウラ
〇トモエ
P1130004.JPG
ルノートルの古典的なケーキを桜井シェフが再現したものだそうで
構成は単純ですが食べている間中口の中はラム酒のとてもいい香り。
P1130011.JPG
とってもおとなのケーキですがわたしも頂けました。
個人的には歯触りにメリハリが欲しいところでしたが、一見重そうで
重くならないしっかりとしたショコラムースに感心しました。

キャロリーヌ
〇モガドール
P1130008.JPG
これはうれしい大ヒットです(⌒∇⌒)素晴らしい。
とてもおいしかった。
中川シェフが現代的なモガドールとして考案されたそうですが、
フランボワーズとムースショコラのありふれた組み合わせがなぜこんなにおいしいのか
こんなに軽く、かといって重過ぎず食べている間こんなにしあわせなのか
ビスキュイ生地ととろけるムースとフランボワーズが、最初から一つのものであったような一体感。
感動です。
一番下のビスキュイ・フィヤンティーヌが俄かにサクッとして食感も飽きません。
(´;ω;`)ウッ…
キャロリーヌ中川シェフは以前わたしが参加した講習会でバジルのお菓子をつくられましたが
それもとてもおいしく、昨年のケーキショーでもマンゴーのケーキで驚かされたもの。
是非ともお店に伺わなければと決意しました。

すばらしいケーキがいただけて、しあわせな気持ちになれるケーキショー。
今年は閉幕しましたが、普段は行かないお店のケーキをいただいたり、
すごい製菓技術を見るために、足を運ぶことをおすすめします。
秋はジャパンケーキショーの季節だと覚えておいてくださいね(^▽^)/








posted by 柴田羽衣 at 20:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする