2015年11月21日

メゾン・ダーニとグーテ・ド・ママン!

こんばんは、柴田です!いよいよクリスマスも近づきました。
パティスリーは徐々にあわただしい雰囲気になっていますがいかがお過ごしですか?
わたしはかねてから行きたいと思っていたふたつのお店に伺いました。
まず白金高輪の
メゾンダーニ。
こちらの戸谷シェフはフランスの「ラ・ヴィエイユ・フランス」で修行された
ガトー・バスクが名物なお店。
しかし生菓子も素晴らしいとの情報をキャッチ!ちいさなカウンターのイートインめざしていってきました。
〇モンブラン
151118_009.jpg
こちらは栗のお味とバニラのムースが融合したとてもおいしいマロンのガトー、
ミルク風味と栗の香りがとてもバランスよく(⌒∇⌒)
151118_006.jpg
もちろん中にも栗がギュッと隠れてます!そしてメレンゲ台。
外側のサクサクなメレンゲのお味もとても美味しい!これはおすすめです。

〇ミルフィーユ
151118_011.jpg
一瞬千歳烏山のラ・ヴィエイユ・フランスを思い浮かべるルックスですが、
木村シェフのフィユタージュ生地より若干薄くホロっとしています
クレームパティシェールも濃厚なコクがあり
ミルフイーユ好きならオススメのたっぷりした食べ応えです(o^―^o)
シェフもとても気さくな方でかるくおしゃべりしてくださいました

そしてこの日のためにモンブランを予約して伺ったグ―テ・ド・ママン
三富シェフはジャパン・ケーキショーでお見かけしたこともありますが、
モンブランの時期にはこのお店はかかせない有名店、楽しみに伺うと
三富シェフ、紫垣シェフに女性スタッフさんがあたたかく出迎えてくださいました((⌒∇⌒)
〇モンブラン
151118_026.jpg
こちらは素朴な形で一見小ぶりな姿ですが
三富シェフが栗を拾って剥いて作るオリジナルの
栗ペーストが他のどこのお店にないお味なのです。
151118_020.jpg
とてもワイルドで栗の渋皮がはっきり生きている。こういう渋みやえぐみって
じつはとても大事な味と栄養の一つなのですがフランス菓子は
味も形も美しくあっさりつくってしまうこともあって
野趣のある栗のお味を残したままにしているセンスは凄いです。
「おおーっ」とはじめて食べる栗の存在感を再確認します。
モンブランはたくさん食べている方にもお勧めしたいジュビエみたいなモンブランは
来年にも予約して食べる価値ありですよ!

〇キャラメルプリン
151118_030.jpg
こちらはイートインコーナーですとこうしてカップから出していただけます。
遠い昔に手作りでこういうお味を食べたようななつかしいプリン。
あとでまあるいフワフワなマドレーヌや香ばしいクッキーも頂いたのですが
グーテ・ド・ママンのお菓子は
いまはやりのパティスリーとは存在感が違います。
メゾン・ダーニも古典的な焼き菓子をあえて推しているあたり、
とてもこだわりを感じます。
「これが自分のお菓子」とポリシーを持ってお菓子を作る事、
大切なことだなぁと思いました。
スタイルがないお店でなく、あえてここのお菓子はこうなんですと個性を感じられると
またパティスリーめぐりが楽しくなりますね(⌒∇⌒)
シェフの心が生きたすてきなお店に伺うたびに
うれしい気持ちになるわたしなのでした。

posted by 柴田羽衣 at 13:14| Comment(0) | ケーキ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

ラブリコチエ待望の新作ケーキ!

こんばんは!
柴田です。きょうはかねてから気になっていたパティスリー・ラブリコチエ佐藤正人シェフの
新作をいただきました!
「濃厚なバターを使ったムース」を構想中だった佐藤シェフ…
とうとう甘い神が降りて素晴らしいケーキをみっつ創造されたのです!
三種がどれもおいしくて、ちょっとエキサイトしているわたしですが、
おつきあいくださいね(⌒∇⌒)
簡単に佐藤シェフに解説していただきました!

〇フュージョン
sP1150463.jpg
こちらは二粒のアーモンドがちょこんと乗ったアーモンドのバタームースに
ジョコンド、すごーくオレンジの香りのする美味しいガナッシュ、そしてなんと生の
皮をむいたフレッシュなオレンジが入っています。すごく凝った構成ですが
各層がすべて美味しいうえにすべての層を味わっても
ナッツクリーミーなショコラオランジュという雰囲気でまた美味しい。
下層に行くにしたがって味が強めになっていくのにさわやかな
オレンジでびっくりさせる演出が素晴らしい。
これはいきなりの美味しさです(⌒∇⌒)

〇カシミニョン
sP1150448.jpg
カシスとミニョン(ミニョンはフランス語で可愛いの意)を合体させた
佐藤シェフの造語のネーミングだそうです。
でもかわいいだけじゃない、仕掛けがたっぷり。
カシス(クロスグリ)とレッドカラント(アカスグリ)のグラサージュの美しいケーキにつまったカシスのムース。
こちらも酸味がありながらとてもさっぱりしているのですが
こちらの外側のコクのあるムースが何と和栗のペースト入り!
なんという贅沢!ちょっとスイートポテトのような重さとコクがあって、
たっぷり使ったカシスのお味と合わせていただくとバランスがちょうどいいのです。
そしてまた全部の層が皆おいしい!バニラの香りが全体に統一感を
もたらしていてとっても幸せな気持ちになれるケーキです(o^―^o)

〇ノワゼッティーヌ
sP1150451.jpg
これはわたしがとくに気に入ったケーキです(⌒∇⌒)
かわいい絞り出しのキャラメルのクリーム、
その下にノワゼットのバターのムース(カルバドス入り)
青リンゴのジュレ、しっかりこんがりしたタルトの中身はヘーゼルナッツのダマンド、
ソテーしたリンゴ入り…
大好きなノワゼットのクラクラン(サクッカリッ)
sP1150458.jpg
これはコクのある深い味わいと、リンゴのなつかしい甘さが
かわりばんこにでてきて、さらにたっぷりザクザクの
ヘーゼルナッツで包まれた、味わいも歯触りも変化に
富んで食べる人を飽きさせない凄いケーキ!
sP1150454.jpg
もうお見事としか言いようがないです。
この世にこんなにヘーゼルナッツァーなケーキが他にあったら教えてください。
絶対絶対声を大にしておすすめします(^◇^)

ラブリコチエといえば美味しいモンブランで大賑わいですが、
多忙なクリスマスケーキのシーズンを前にこんな新作を作り出す(;´・ω・)
佐藤シェフ恐るべき才能です!是非是非新作のすてきなケーキたちを
味わいに、高円寺にお出かけくださいね(⌒∇⌒)
もちろん名物モンブランも味わってくださいね!そして…


sCIMG6433.jpg
「ファンタジウム」の長見良くんも絶賛のマドレーヌも、もちろん大プッシュの名作なのです(^▽^)/

posted by 柴田羽衣 at 22:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

エリティエとカフェ・ミクニズ!

こんにちは!柴田です。記事をさぼっていてごめんなさい。
わたしたちの甘い計画は着々進行していますのでお待ちくださいね!←ホントですよ。
今回は私が最近伺ったケーキの美味しいカフェを紹介します(⌒∇⌒)

まず文京区は白山通りにあるエリティエ!
sCIMG6696 (2).jpg
こちらとってもかわいいフクロウのマークが看板です。
sCIMG6695 (2).jpg
ランチもとても有名なお店なのですが
ティータイムにケーキをオーダーすると、パナッシェセットと言って、
まるでホテルのようにソルベとアイスクリームとともにケーキを
盛り付けていだたけます。
sCIMG6698 (2).jpg
このビッグなモンブラン、見てください!
その名も
WAGURI
男性ならぺろりでしょうか?
すごいボリュームでくいしんぼうの私でもかなりお腹いっぱい。
ギュッと詰まった栗のお味は甘さは控えめ。台もしっかりとしたタルト!
どこかなつかしいくりきんとんのような和のテイスト。
サービスたっぷりの断面をご覧ください!
sCIMG6702 (2).jpg
そして美しい自家製の花茶。
sCIMG6697 (2).jpg
これが美しくてお味もさわやかで、
買ってこなかったことを後悔しました。
そしてお店の方のサービスが優しくて、とっても癒されます。
たとえ一期一会のお客様とケーキ店でも、こころ温まるひとときを持てることは素敵なことだなぁ
と勉強になりました!
つぎは大好きなキッシュと可愛いタルト・バナーヌを食べに伺いたいです(⌒∇⌒)

そして四谷のカフェ・ミクニズ
sCIMG6732 (2).jpg
こちらは有名なオテル・ドゥ・ミクニの本店のちょうど裏側にあるカフェですが
古民家を改造した落ち着いた和風の佇まい。
sCIMG6734 (2).jpg
インテリアはリノベーションされてとってもきれい!
価格もリーズナブルでランチもケーキも気軽にいだたけます。
すてきなお庭を見ながらわたしのチョイスは
〇ガトーショコラ(奥)
sCIMG6736 (2).jpg
これはこっくりと濃厚です!チョコレートのテリーヌのよう。
この濃さはお料理の後には重いかも…と思いつつチョコ好きにはたまらない
ミクニの名物、味わっていただきました。意外にも
しつこい甘さでなく、上質な素材でできたじっくりした味わいがあります。

〇季節のタルト…シャインマスカット(手前)
こちらはすっきりした甘さでカスタードも控えめな甘さ、
タルト台はサクサクホロホロともろく優しい。固く焼いたタルト台も
好きですが、この優しさもまた気に入りました。
マスカットもとても美味しく、良いものを使っていて見るだけで
うれしくなるフォルムです(⌒∇⌒)

持ち帰ったケーキふたつ

〇シブーストポワール
sCIMG6744 (2).jpg
こちらは甘さは強いけれど口どけが素晴らしいケーキでキャラメル風味も
すごく繊細でほどけるようです。おどろくほどやわらかいケーキなのに
印象は強い。お勧めです。

〇パンプルムース ロゼ
sCIMG6748 (2).jpg
こちらはあっさりと酸味のきいたムース。
チーズムースとおもえないほどさっぱりしているのは中身が
グレープフルーツだから!このジュレ美しいでしょう(⌒∇⌒)
sCIMG6749 (2).jpg
ほんとうにこちらは繊細なケーキが多くて、ちょっとドゥブルベボレロを
思い出しました

紅葉を見た帰り、秋のご行楽に、ふたつのカフェに行ってみてはいかがでしょうか。
すてきな気持ちになれますよ(⌒∇⌒)どちらのお店も飲み物も美味しく、
ほっと癒されること請け合いです。さてさてわたしもがんばらなくっちゃ。
アマイタマシイにご声援お願いいたします!
posted by 柴田羽衣 at 10:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする