2016年01月26日

ケーキは大人になってから…洋菓子舗茂右衛門のケーキたち

茂右衛門と聞いて、フランス菓子のお店の名前と思う方は少ないでしょう。
和風の暖簾に料理屋さんのようなたたずまい、最近うかがったときに「フィナンシエ」が
「フィナンスィエ」と表記されていることに気が付き(;'∀')イル・プルー・シュル・ラ・セーヌの
弓田シェフの所属する「平成正義の会」に加盟している、長屋シェフのお店と知りました。
しかしイル・プルーとはまたちがったとても不思議なお店なのです。めぐりあった驚きのケーキたちの
レポートです(⌒∇⌒)

〇ピスターシュ
これはすごい、ピスタチオ入りのビスキュイに挟まれたのは
加熱したと思えない生のピスタチオのようなクリーム。杏仁豆腐というか、
それ以上に生々しく強烈。コテッ、とろーり。
sCIMG7240 (2).jpg
この濃厚さにやられていると中からさわやかーなパインが出てくるので
びっくりです。これは好みがわかれますが一度食べてみる価値はあります。

〇カプチーノ
sCIMG7497.jpg
いや、ほんとにコーヒーです。コーヒーの塊。食べるだけで凄くコーヒー。コーヒーを入れた生地で
コーヒーの粒粒が入ったクリームをかこっていますがこれはすごい
酸味のある甘さですが食べるとコーヒーの苦さが凄い速度で追いかけてくる。
何だこりゃと驚く人もいるかもしれません(^◇^)
コーヒーが大好きな方にお勧め。完全に大人のケーキです。

〇サバラン
76cd2b56-8db0-42cc-8a66-cb0a445ea9cc.jpg
このかたちはピュイダムール?いえいえ下にはかわいいまぁるいサバランが隠れています。
このサバラン生地、ハイアットリージェンシー東京のカフェで戴いた「みっしり、しっかり」したサバランそっくり。
160108_1545-01.jpg
サバラン生地は隙間のある、シロップの沁み込みやすいものではありません。しかししっかりと打ったシロップが
びしゃびしゃっと底に滲みだす事もなくきめこまやかな生地にきれいに行き渡っている…
これはすごく仕事が丁寧と言うことでしょうか。
上のふんわりシブーストなクリームと合わせていただくと幸せ気分(o^―^o)ニコ
オレンジの風味とお酒の薫る個性的なサバランです。おすすめです。

〇ベルギービールのタルト
sCIMG7242.jpg
こちらは焼いてあるのでビールが苦手でも大丈夫。麦のこうばしい風味が
どこか素朴でおいしいタルトです

〇バナーヌ ココ
sCIMG7490.jpg
一見普通のバナナのタルト、しかしこれがクリームの隙間にぎっちりのココナッツとバナナが
埋没している物凄さ。
sCIMG7492.jpg
ココナッツバナナ!バナナココナッツ!わたしはココナッツもバナナが大好きなのでうっとり。
タルト台もぎゅっとしっかり焼いてあってすべてに手抜きがありません。

〇メロディ
sCIMG7513 (2).jpg
こちらは上部のココアがのっているクリームがびっくりするほどおいしいのです…
おいしくて本当に驚きます。バニラのつぶつぶがごまのように惜しみなく使われて
ものすごくていねいにつくられたクリームです。
sCIMG7515.jpg
じつはこのクリームだけいつまでも食べてしまいたい気にもさせられますが(;´Д`)
洋ナシ、チョコレートクリームとかさなるとまた美味しさが引き立ちますからまさにメロディ。
見つけたらぜひ食べてください

〇マルテ
sCIMG7502.jpg
これは古典菓子。オレンジとショコラのハーモニー。しかしチョコレート感はんぱない。
チョコレートの層は、まるで板チョコ!(;´Д`)
sCIMG7504 (2).jpg
すこし室温にもどしていただくとよいのかも。とてもお酒が利いていて
ほんとに大人なお味です

〇ムースキャラメル
sCIMG7517.jpg
書いて文字のごとし キャラメルとチョコレートクリームですが、酸味がきゅっとしていてとても大人っぽい。
上に乗せたチョコレートがビターでキャラメルの酸味に複雑さをもたらしいてます。
一見、直球に見えて全然違う
コクと言い甘い苦みと言い本当に大人向けです。

〇トゥリアノン
sCIMG7519 (2).jpg
これは黄色いたっぷりしたバタークリームにギュッとつまった沢山のフレッシュなパイナップル!
こくのある濃い食べ口にすっきりさっぱりなパイナップル!
アニスが入っているとのことですがスパイスが苦手なわたしもあまり感じませんでした
sCIMG7522 (3).jpg
うーむおいしい、バタクリ好きなら必食です。ビスキュイ生地も調和しています。

〇フレーズィエ
sCIMG7506 (2).jpg
フレジエの正しい発音だそうですがお味はほんとにこれでもかと大きくて甘い苺がゴロリンゴロリン
入っています!そしてバニラの粒がたくさん入ったクレーム・ムースリーヌが適度な重さであまい香り、
口当たりはふわりとしてとてもさわやか。
sCIMG7507.jpg
これはごろごろ苺がダイナミックでだれにでもお勧めしたいのです
お酒が強烈に利いていて小さい子供さんには難しいかも(;´Д`)

〇ディジョネーズ
sCIMG7499.jpg
いきなりこれはブドウ!てかカシス。カシスのしぼり汁がギュギュッと凝縮されてそのまま四角くなった感じの
こっくり酸味と甘さのケーキ。とにかく山ブドウのようなワイルドなお味で驚かされます。
ここまで激しくカシスなケーキはほかに無いと思います。

〇シュークリーム
sCIMG7510.jpg
これは一瞬小さく見えたのですが手にしてみたらなんだかずっしり
sCIMG7511.jpg
あらんかぎりのクリームが破裂寸前まで中にねじ込まれていて、食べていたら底からあふれました!
sCIMG7512.jpg
シュー皮はかたちを成すための物でとにかくすばらしいキュラソーの薫るクリームがたくさん!
ちょっとびっくりします。ただのシュークリームではありません(#^.^#)おすすめします。

〇きなこのシフォン
160109_003.jpg
こちらは一見おとなしいシフォンケーキなのですが、もくもくいただいて
最後のひとくち飲み干すあたりで口の中の水分がぜんぶ吸収されるほどのきなこ!
きなこ!(;'∀')ふしぎな美味しさはわすれない長屋シェフの技法は国分寺の宝です

デザインもお味もオトナな茂右衛門さん、
ケーキを食べて驚くことがなくなった方にも是非是非お勧めします
お店の方もとても感じが良くてケーキに対する愛と情熱を感じます
ただ、子供さんはお気をつけてくださいね(⌒∇⌒)
お酒がかなり利いています。ただこんなにたのしめるお菓子をいだたけること、
私も大人になってよかったなと思ってみたり。月曜日火曜日はお休みな
茂右衛門さん、ケーキもすくなめですがいつ行っても変わったアイテムがありますので
オトナのお客様にお勧めします!
「ケーキは大人になってから」
続きを読む
posted by 柴田羽衣 at 00:50| Comment(2) | ケーキ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

新年ケーキ食べ初め+アマイタマシイ復活!

こんにちは柴田です!
本年もよろしくお願いいたします。さてケーキレポとばしていきますよー
まず初詣帰りの資生堂パーラーでケーキ三昧(⌒∇⌒)
こちらは二階のサロン・ド・カフェでいただきました。
〇モンブラン
CIMG7371.JPG
こちらはホテルスイーツの様に癖がないけれどおいしいケーキ。
もうひとつのクランブルが乗ったクリームチーズとりんごを合わせたケーキ
(すみません名前が解りません)は
すこしティラミス風の変化のあるおいしさ。大きめですがとてもあっさりいただけて
さわやかなお味(⌒∇⌒)
モンブランは固いメレンゲでなく全体がふわっと柔らかいのですが
栗の薫りもほどける感も心地よく、満足のいく仕上がり。
sCIMG7377.jpg
セットにしますとクープかソルベをつけていただけるのですが
めずらしいイチジクのソルベにしました。
さっぱりしてとても美味しい!
幸先のいい新年のスタートです(^▽^)/


 そしてさらにプランタン銀座に来てまたモンブラン!
久々のアンジェリーナです
〇シーズンモンブラン オランジュキャラメルモンブラン
〇苺のホワイトモンブラン(中にはコロリといちご!)
sCIMG7465.jpg
どちらもモンブランですが以前アンジェリーナのモンブランは甘くてクラクラした思い出があったのです(;・∀・)
しかし現在はそれほどでもなく
両方ともとろけるような柔らかな口当たりでした。パリの本店と味を合わせて作っていると聞きましたが
いまはフランスもあっさり好みなのかも…
オランジュキャラメルは中はほぼクリームのみですがしっかりオレンジの香りがします。
sCIMG7467.jpg
かたやホワイトモンブランは栗ペーストにホワイトチョコレート、そして白餡を使用とのこと(⌒∇⌒)
sCIMG7466.jpg
これは栗入りいちご大福!かなり楽しめました!
ちなみにプランタン銀座はことし12月1時閉館になりますが
アンジェリーナ他テナントはそのまま後続の商業施設で継続されるそうです(^▽^)/

sCIMG7468.jpg
さてプランタンの地下にあるビゴの店でもまたまたモンブラン(さすがに自分でもなにをかんがえているのでしょうか)
こちらは何と三百円台ですが驚きのクォリティ。
そしてファーブルトン。
こちらももちもちしていてラムレーズンが薫って食べ応え満点。しかもとても大きいのです。
プランタン銀座の地下は購入したケーキやサンドイッチもすぐに頂けるテーブル席が
あるのが嬉しいですね。そして新年の甘いパラダイスはさらに続くのです…(;^ω^)

年明け早々立川の伊勢丹ではいちご祭りが炸裂中。
これは行かないわけにはいきませんね!
パティスリー・ブリーズ
〇木苺と苺のサントノーレ
かわいいですねー見とれる愛らしさ。そして一つ一つのシューにはベリーの甘酸っぱいソースとカスタードが
同居!どこもかしこも苺だらけの手抜きのなさ。これはテンション上がります!

sCIMG7471.jpg

台はパイ生地でシュー中身のいちごソースが流れてます(⌒∇⌒)sCIMG7473.jpg

ラ・ヴィドゥース 
〇フレーズタルトショコラ
sCIMG7474.jpg
sCIMG7478.jpg
こちらは王道なおいしさですが真ん中に絞り出したショコラクリームがチョコレート過ぎずに
よいバランス。苺もフレッシュでとても美味しくタルト生地自体がとてもよくできています!

メゾンドゥース
〇エクレールフレーズ
sCIMG7479.jpgsCIMG7480.jpg
これは美しい絞り出しにぎっしり苺!これがおいしくないわけがないのです(⌒∇⌒)
カスタードクリームもさっぱり、シュー皮はしっかりして繊細な中身とバランス良しです。

メゾンドゥース
〇トレヴィ
ルクサルド・グラン・プレシオで伊藤シェフが優勝したご自慢のケーキ!
こちらはお酒が強めとお聞きしましたが、そこまででもなかった印象。オレンジとショコラ、
それにサクサクナッツの組み合わせ。よくある素材どうしですが、とっても上品にまとめてあって好印象(⌒∇⌒)
sCIMG7482.jpgsCIMG7484.jpg

成城アルプス
〇ル コイチャ
これはド直球ですがなかなかの美味しさ。
和菓子のようなまとまりでさっぱりいただけました。ふんわりクリーム、緑の香り高い抹茶のムース、
大納言、抹茶たっぷりのしっとりしたスポンジ…
どこもすっきりと口どけよくおいしいのです。年配の方でも召し上がっていただける
たいへん素直なケーキです。(⌒∇⌒)
sCIMG7486.jpgsCIMG7487.jpg
幸先の良い甘いスタートですが、ことし私たち『アマイタマシイ』も復活します。
と言っても少しだけなのですが皆様の応援次第ではまだまだ続く可能性もあるのかも?

なにとぞ今年もわたしたちと このブログを見守ってくださいね(⌒∇⌒)よろしくお願いいたしますm(__)m
sWS0001.jpg

続きを読む
posted by 柴田羽衣 at 18:38| Comment(13) | アマイタマシイ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする