2016年12月24日

パクタージュの美しいクリスマスケーキ!

こんばんは!柴田です。早くもクリスマスがやってきましたね!
クリスマスはチキン!
そしてすてきなお料理!
161224_039.jpg161224_038.jpg

そしてわたしのことしのケーキは、パクタージュ!
〇ピスタチオクリスマス
161224_023.jpg
いつもお世話になっていました齋藤シェフのうつくしいケーキ、とうとう新宿伊勢丹に予約して、いただくことができました。
161224_020.jpg
隅々まで美しくて、宝石箱の様です(#^.^#)
銀のアラザンがデザインのアクセント!
さわやかなピスタチオグリーン!
161224_014.jpg
カットしてみました(^^)/
161224_004.jpg
アプリコットのあまずっぱいジュレ、ピスタチオのナッティーな風味、わずかにサクサクする口当たりの生地が
いいアクセント!こんなに美しくておいしいケーキを作り出す齋藤シェフのセンスと技術にあらためて
感動してしまうのでした(#^.^#)
今年はみなさんどんなクリスマスイブをお過ごしでしょうか?
わたしは斎藤シェフの魔法ですばらしいイブになりました!
そして早くも食いしん坊のわたしは、ガレットデロワのことであたまが
一杯なのです…(;´Д`)

posted by 柴田羽衣 at 21:20| Comment(0) | ケーキ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

アマイタマシイとマテリエル!

こんにちは!柴田です!ご無沙汰してしまいましたがすっかり季節は冬!
アマイタマシイ新装版三巻、手に取って頂けましたか?かわいい
ピンクのカバーに熊谷シェフが目印です!
sWS0003.jpg
とうとうこれで最後の一冊になり、寂しい気持ちでいっぱいですが
この物語の続きが読みたい!という動きが形になればつづきもあるかもしれませんね。
わたしももっともっと甘いお話がしたかったので、忘れずにいてくださると嬉しいです。
ご協力書店さんでは以下のデザインのクリアファイルか
sあまたま三巻クリアファイル2.jpgsあまたま三巻クリアファイル1.jpg
ポーチにもすっぽりおさまる可愛らしいミラーのどちらかをプレゼント!
sWS0008.jpg



配布してくださる全国素敵書店さんリストは以下をご覧くださいね(⌒∇⌒)
WS0005.JPG

さて先日わたしははじめてマテリエルに伺いました!
シュトーレンがお好きな方にプレゼントするためなのですが、こちらのお店の
シュトーレンはとてもおいしくて大好きなのでもちろんわたしも買ってしまいました(´∀`∩)
もう名物のパフェは終わっていて、年内は20日以降はイートインもお休み!
そしてお店ははやくもクリスマスモード。
sCIMG8200.jpg
とってもすてきな店内は、お断りして撮影しましたが基本的に
撮影自由なのがうれしかったです(⌒∇⌒)
sCIMG8210.jpg
とってもすてき!
sCIMG8206.jpg
ケーキも
sCIMG8212.jpgsCIMG8211.jpg
焼き菓子もたくさん!

そしてケーキを購入!

〇マカダミアエラブル
161213_008.jpg
ナッツ大好きの私はマカダミアナッツも大好き!こちらはマカダミアナッツのダックワーズに
メイプルシロップのムースリーヌ。ちょっと上品で
さっぱりしたお味。重さがない代わりにコクも少ないけれど、ほんとうに上品。
マテリエルの上品さがナッツにあらわれた感じですが、個人的には
もうひとつはっきりした処があっても良かったような。

〇プティ・ノエル(ショコラオランジュ)
161213_004.jpg
これは素晴らしい!
ひと口で美味しさがジーンとするぐらいはっきりとした口当たり。素敵!
161213_001.jpg
チョコレートムースとオレンジの組み合わせはよくあるのですが、
両方が生きていてどちらもしっかり味わいがある。
チョコレートの味の強さにオレンジがきえることなく生きて、形もマカロンで飾った愛らしいノエル!
これはとってもおすすめなので、価格は650円とマテリエルにしては
お高いのですが、見かけたら是非召し上がってくださいね。

〇タルトショコラフリュイルージュ
161214_004.jpg
こちらはしっかりしたタルト生地にクレームダマンドショコラがギュッと詰まって
カシスとフランボワーズがたっぷり入っています。
161214_001.jpg
意外に甘くなく古典菓子の様。一瞬物足りなくも感じますが
食べ進めるうちにしっかりした美味しさのあるギュッとしたタルトです。

こんなふうにしあわせになるおいしいお菓子、
そのすばらしさと伝え続けられたおいしさ、
それは人間にとってどんなものなのか、
わたしはずっと考えてきました。
かたちにはできないけれどおおきくて、
とても優しいものだと思います。
それをアマイタマシイという漫画でのこせたら、
大変嬉しく思います。
でもでも、もしも奇跡がおきたら…また新しい年もおねがいいたしますm(__)m
posted by 柴田羽衣 at 17:03| Comment(2) | アマイタマシイ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。