2016年06月06日

齋藤シェフおめでとうございます!幸せいっぱいのパクタージュ(^◇^)

こんにちは!柴田です!
わたしたちアマタマの紙版発売のニュースに続いてすてきなすてきなおしらせがあるんですよー(^◇^)
sIMG_1261.jpg
それはアマタマコーヒーを配布してくださった玉川学園前のパクタージュのすばらしいニュースなんです!
じゃーん☆ミ
sIMG_1276.jpg
齋藤シェフに赤ちゃんが誕生しました!わー可愛い( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ
おめでとうございます
sIMG_1278.jpg

とてもはっきりしっかりしたお顔立ち、なんだか落ち着いた佇まいはシェフにそっくり!
まつげもながーい!早くもイケメンの予感です(´∀`∩)
抱っこさせていただいても
どーんと落ち着いた雰囲気で大物の気配が漂います。
これは将来イケメンパティシェになってパクタージュでご両親譲りのすごい才能ですばらしいケーキをつくってくださるに
ちがいない!←勝手にそんな妄想をしてしまいました!
是非是非、お店に伺ったらシェフにお祝いの言葉をかけてくださいね(⌒∇⌒)
とにかくしあわせな空気が充満してなんとなくパワーアップしたパクタージュのケーキたち!
ssIMG_1298.jpg
ssIMG_1297.jpgssIMG_1296.jpg

どのケーキも美しいです(⌒∇⌒)そしてパンも充実!
sIMG_1302.jpg
sIMG_1301.jpg
そしてクッキーでサンドしたこの季節ならではのアイスクリームもありました!
sIMG_1300.jpg
戴いたのはこのみっつ(⌒∇⌒)
sIMG_1265.jpg
〇ショコラバナーヌ
sIMG_1267.jpg

一目でひきつけられるかわいいデザイン、チョコレートとバナナの組み合わせは王道ですがこれはとても滑らかで
こっくりしているのにしつこくないのです。
sIMG_1272.jpg
このようにバナナとムースが潜んでいて、でもチョコレートもしっかり存在感がある。
バナナの味わいも一体になって、爽やか。シェフは何種類ものチョコレートを
素材に合わせて使いこなしているそうですが、今回も秀逸です(⌒∇⌒)
〇イヴローニュ
sIMG_1268.jpg
あら可愛い!しかしめっちゃ強烈です!お酒がガツンと利いた大人のお菓子!ひとくちでしびれる感じがしますが
これがとてもいい薫り!
sIMG_1273.jpg
カラフルなフルーツが隠れている生地はしっかりしたタルト台につつまれて激しく主張してきます!
パクタージュのアンバサダーがお好きな方は是非是非召し上がってください。
ちなみにイヴローニュは、酔っぱらいの意味だそうです(;'∀')
ややどきどきしてきましたがもちろんシェフのお菓子はアルコール抜きでもとっても素晴らしいんですよ
〇スープアングレーズ
sIMG_1269.jpg
こちらはアルコール入りもあったのですが周囲の心配であえてお酒の無い方を選びました。
でもこれがまたとても素晴らしい。軽いライムのメレンゲの下のアングレーズはすっきりして、
いちばん下においしいパイナップルが隠れています。ライムのフレッシュな酸味が全体をきりっと引き締めて
とても清涼感のあるお品です。いまの季節にぴったりな、滋養がつきそうな逸品です。
そして、以前に戴いた古典菓子→アニョーパスカルという羊の形のお菓子
sIMG_0752.jpg
こちらのかわいいお菓子について色々お話ししていただきました。
じゃーん
sIMG_1283.jpg
sIMG_1285.jpg
鯛焼きのようなアニョー・パスカルの型です!フランスで購入したそうですが、この陶器の型は焼き型として
使用する前になんと牛乳で煮るそうです。
そして長さ40センチほどのウサギの型も見せていただきました
sIMG_1282.jpg
おっきい…(^▽^;)そしてリアルなうさぎなのです。この型でも大きな大きな焼き菓子を作られたそうで、
来年はわたしも予約して購入したいと心に誓いました。
アニョーパスカルは本来ジェノワーズのようなふわっとした生地ですが
パクタージュのアニョーパスカルは斎藤シェフのオリジナル。
アーモンドのたっぷり入った、とにかくものすごくしっとりして深みがある。
いままで食べた事がないほどおいしい生地なのです。
「古典を知ったうえでさらにおいしいものをつくる、古典を知らなければそれは出来ない」
とお話しなさる齋藤シェフ。
全くぶれない力強さ、ほれぼれします(⌒∇⌒)
さらにちょっとお味見で戴きました、焼きたてのアーモンドのクッキー!
sIMG_1288.jpg
こちらは試作と言うことでしたが、たくさんの上質なアーモンドの歯触りを素朴なカソナードのおいしい生地が繋いでいて
素朴な中にも力強い美味しさであっという間に食べてしまいました(^◇^)
アーモンドが主でクッキー生地が従!なんともいえない密度に圧倒されます。
厚みもたっぷりで直径が7センチぐらいなのですが、焼き菓子を強化していきたいという
シェフの野心作。大小サイズをどちらにするか、考えていらっしゃるとのことでしたが
わたしはクッキーは大きければそれだけ食べてしまいますが(⌒∇⌒)小さく作っても
色々なお味を味わいたいお客様には向いている気もします。
パクタージュの焼き菓子棚、これから続々お品が増えていくことと思いますので
要注目してくださいね!

お店の名前「パクタージュ」=わかち合うの意味だそうですが、こんなにかわいい天使がやってきて
しあわせいっぱいのお店に是非うかがってくださいね!とってもすばらしい気持ちをわかち合える事、間違いなしです!
WS0009.JPG





posted by 柴田羽衣 at 21:58| Comment(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。