2016年10月31日

長野は人工知能とタヌキケーキの甘い街!

こんにちは!
柴田です!ご無沙汰していました、アマイタマシイ新装版2巻、
手に取って頂けましたか?いよいよ12月発売の3巻で最終巻!
どうかお付き合いくださいね。
さてわたしは先日長野県にぶらり旅にいってきました!
以前から伺いたいと思っていたのですが
本当にすてきなところでした!
sWS0001.jpg
東京からですと松本へは新宿からあずさがでていますが
とっても気楽に伺えます。はやければ2時間半ぐらいで松本に到着。
松本の手前の塩尻で下車して乗り換えるとこんなにひなびたかわいい街に着きました。奈良井宿!
CIMG7833.JPGCIMG7841.JPG

あまりガイドブックにも紹介されませんがとても素朴で
建物がかわいいんです。お手入れされて古い町並みもきれいですが
観光地然とした商売っぽいかんじはなくふるさとに帰ってきたような懐かしさ。

見ごたえのある街並みがお好きな方は是非行ってみてください!
そろそろお腹もすいたので古民家のすてきなお料理店でランチをいただきました(⌒∇⌒)
徳利屋
CIMG7844 (2).JPG

じゃーん
CIMG7846 (2).JPG
五平餅は3種類のお味噌がついてやや小さめ、
煮物、塩イカのきざんだものにマヨネーズのサラダ、どれも手作りの美味しさです。
そしてお蕎麦!
sWS0002.jpg
こちらもあっさりした量でしたが定食のフルコースにはぴったり。
しこしこ弾力があって、とても美味しくいただきました。

そしてこの日のお宿は松本郊外の美ヶ原温泉にある追分屋旅館。
うつくしいお庭をながめながらのどかに足湯。
CIMG7859 (2).JPGCIMG7855.JPG
コンパクトながらお風呂が色々あってお料理もかなりの数でした。
朝食だけでもこんなに!
CIMG7852 (2).JPG
久々に旅の楽しみを味わいました(⌒∇⌒)

そして松本城をめざします。
しかしその前に…古き良き美しき長野で是非行ってみたいと願っていたのが
スイーツ界の人工知能!
sWS0003.jpg
老舗のお菓子屋さん、開運堂が巨額の資金を費やして作ったアイスクリームをつくるロボット!
「ナンチャン」
CIMG7878 (2).JPG
すごい!菊田先生の漫画みたい!おもわず興奮しました。
開運堂本店はとても老舗らしく落ち着いた雰囲気なのですが
CIMG7883 (2).JPGCIMG7880 (2).JPG
おお!
CIMG7876 (2).JPGCIMG7879.JPG
突然近未来が!

まずレジでお金を払ってコインを戴きます。
コイン投入、モニターにタッチ!
CIMG7863.JPGCIMG7864.JPG
日替わりのフレーバーはメロンカルピス味のソフトクリームです!おいしそう!

ナンチャン稼働!ウィーン(^◇^)コーンを選んで、ソフトクリームを絞っています!衝撃!
CIMG7869.JPG
きれいな形に完成したソフトクリーム。ナンチャンのアーム→コンベアでお客様に手渡されます。
CIMG7871 (2).JPGCIMG7873.JPG
お味はさっぱりあっさりで、メロン風味のジェラートと言った感じ、店内で
戴けますので是非ナンチャンのソフトクリームを召し上がってくださいね。
CIMG7877 (2).JPG
ひとしきり街を散策して、ひとやすみ。ランチです(⌒∇⌒)
とってもレトロな老舗洋食店、おきな堂
じゃーん
CIMG7900 (2).JPGCIMG7899 (2).JPG
オムライスにハヤシソース、チキンカツのセット、安曇野野菜のサラダ。
このハヤシソースが甘すぎず辛すぎず、マイルドでとても気に入りました。揚げたて
チキンカツはサクサクです。
オムライスの量は少食の方のために調節して頂けます。
またサラダのレタスは味が濃いのびっくり。とても質が良いお野菜に感じました。

そして念願の松本城に!
CIMG7902.JPGCIMG7904 (2).JPG
忍者もいます!
この日は雨がぱらつくあいにくのお天気でしたがお城はとても見ごたえがありました。
CIMG7929 (2).JPG
いまでは手に入らないようなおおきな材木で堅牢につくられたお城
天守閣まで行くのは大変ですが是非登って、当時の城主の気分を味わってくださいね

そして松本駅方面で一休み。
CIMG7932 (2).JPG
ネットで調べて、わたしの目に焼き付いた
タヌキケーキが戴ける翁堂に伺いました!

いたー!タヌキの群れです!
CIMG7940 (2).JPG

CIMG7939 (2).JPG
わーかわいいー!
CIMG7938 (2).JPG
タヌキシリーズに仲間のパンダもいます!
CIMG7937 (2).JPG
おともだち、マルチーズ犬のムギちゃんもいます!
CIMG7936 (2).JPG
ねりきりもならんでいますー!

少し前にテレビで特集されて静かなブームだったタヌキケーキ。
タヌキケーキ生息地図もあります。
こんなに大量にならんでいlて感動です。なぜにケーキがタヌキなのか?
このお店の2階に由来の張り紙が。
CIMG7942.JPG
丸山太郎さんの絵本由来のイメージケーキ?タヌキケーキの
由来はいろいろ言われていて、確かな起源はわかっていないそうです。
そしてイートインでピーナッツタヌキとオトナタヌキを戴きました
CIMG7945 (2).JPG
これが意外にもなかなか美味しかったです。
大きいタヌキやパンダは台座がバタークリームロールケーキだそうですが
オトナタヌキは胴体がラムボールでしっかりラム酒のいいかおり、
マイルドなピーナッツタヌキはゴロゴロとピーナッツが入った生地でナッツ好きには
たまらないおいしさ。どちらも派手さや本格フランス菓子のような凝った感じではないのですが
いつかおばあちゃんが買ってきてくれたようなあたたかい懐かしさのあるケーキなのです。
CIMG7943 (2).JPGCIMG7950 (2).JPG
なつかしさと新しさが同居する長野を案内してくださったのは
お薦め漫画『江戸の検屍官』の作者、高瀬理恵先生!
ありがとうございますm(__)m
CIMG7960 (2).JPG
とっても気さくではつらつとして(御本人は元気じゃないと言っていますが(;^ω^))
色白でかわいいお顔は江戸の才能あふれるアーティスト、ヒロインお月ちゃんに似てるかも!
長野ならではのお話もたくさん聞かせてくださってたいへんお世話になりました。
古きよきものとサイバーな近未来が同居する長野県、是非出かけてみてくださいね(*_*)
posted by 柴田羽衣 at 01:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。