2017年10月10日

ケーキツアー入門も絶賛!パクタージュはやっぱりすごいお店!

こんばんは!柴田です。すっかり秋かと言うと逆戻りして夏の気温に!
体調も崩しそうになりますが皆様いかがお過ごしですか?
私はずっとずっと夏の間うかがいたいなーと思っていたパクタージュさんに
やっとやっと伺えました(;・∀・)
かき氷がいただけると噂で持ち切りでしたので、また来年まで待つよりも
今すぐ行きたいな…と思っていた為、なんとか最終日にお店の前に辿り着くと…
s1507630360568.jpg
じゃーん
氷の文字がたなびいて、とってもワクワク!
お店に入って斎藤シェフにご挨拶、もちろんかき氷は
二種類注文しました(´∀`∩)
sIMG_5706.jpg
さらに季節のモンブラン、栗のかわいいケーキ、シャティーニュ、そして
もう終了してしまうというシャインマスカットのタルトをいただきました。
sIMG_5675.jpg
じゃーん
お店の一階にちいさなイートインテーブルがあるのですが
そちらで飲み物もオーダーして、この豪華なテーブル!
夢のよう(⌒∇⌒)

〇いちごとオレンジ
sIMG_5680.jpgsIMG_5682.jpg
氷自体は縦長?というかエッジの立った感じに削ってありますが
とてももろく、ただのフワフワ氷でない舌ざわり。そしておおきなどんぶりに
たっぷりの苺とおいしく煮たオレンジが入っていて、たべてもたべても出てきます。
とてもさわやかで新鮮でおいしいのです。

〇グリオットチェリー
sIMG_5683.jpg
こちらもほかでいただけないフレーバー。ごろごろしたチェリーが
パティスリーの氷と言う印象。フランスで販売しても人気が出そう

〇モンブラン
sIMG_5657.jpgsIMG_5662 (2).jpg
とうとう今年もモンブランがいただけます。嬉しい!
やはりとても美味しいのですが以前より栗のこっくり感つぶつぶ感
さらに増している印象です。
sIMG_5676.jpg
sIMG_5686.jpg
ごろり大きな渋皮付きの栗!ザクザクのメレンゲ!

このクォリティの高さは素晴らしい。栗の産地や和菓子屋さんでも
敵わない栗の活かし方。斎藤シェフの凄いところは
素材を最大限に見つめていることだといつも思うのですが
しみじみそれを感じるお菓子です。

〇季節のタルト(岡部農園シャインマスカット)
sIMG_5663.jpg
こちらも出来立てを出していただけてものすごい贅沢なタルト。
sIMG_5667.jpg
s1507630285946.jpg
タルト台は焼きたてのサクサクでナッティーな香り高く、
クリームも絞りたて。フレッシュなマスカットで完璧!
sIMG_5687.jpg
とにかくパクタージュのタルトが大好きなのでこんな作り立てを戴けて
ただただ幸せ(⌒∇⌒)

〇シャティーニュ
s1507630369144.jpg
ひと口戴くとパクタージュらしさが全開!
これはモンブランと違う、とてもすごい栗のデセール!
お酒が栗ペーストと一番下のプルーンの層にギュッと利いていて、
まるでマロングラッセのイメージが魔法でケーキになったみたい。
解説をごらんください。
sIMG_5699 (2).jpg
非常に凝った多層構造で、お行儀わるいのですがちょっとずつ違う層を
戴いて、ぜんぶがおいしい!そしてまとめていただくとものすごくおいしい!
こうした構造を頭の中で設計する斎藤シェフは天才?と
思ってしまいます(⌒∇⌒)とにかくとてもおすすめです!


〇タルトレザンアラメゾン
s1507630378295.jpg
季節の焼きタルトも戴きました!
こちらは素朴ですがまたしっかり焼きでジュ―シー。
生のフレッシュなぶどうと違う凝縮されたおいしさがあります。

こちらのやさしい柑橘の入ったパンもとても小麦の薫りと味わいがして素晴らしい。
sIMG_5690.jpg
焼きたてを戴いたのでとてもしっとりしてうっとりしてしまいました。

パン屋さんでもあまり感じることが無い、小麦粉の薫りや味が
ふわーっとして、パクタージュはケーキだけでなくパン屋さんとしても
超一流。そんなふうに感動していたら…
s1507530262638.jpgsIMG_5656.jpg
わーこれは!
Nyaoさんの『ケーキツアー入門』がお店に飾ってあります(⌒∇⌒)
パクタージュ愛にみちたNyaoさんの記事!
sIMG_5798.jpg
お店を愛してくれる記事、そしてお客様を大切にする
お店の姿勢がまたとても素敵だなと思いました。
『ケーキツアー入門』是非手に取ってくださいね。全国書店で
発売中です!
一通り堪能して、斎藤シェフにご挨拶をして名残惜しいながらパンとケーキを購入して帰宅しました。
さてさて、おうちでもパクタージュ・テーブルです
sIMG_5760.jpg
じゃーん
〇ジューシーな秋なすとひき肉
sIMG_5763.jpg
カレーパンです!
sIMG_5766.jpg
スパイシーでパンの部分も味わい深く、決してお総菜パンになっていない
お酒に合いそうなカレー味。甘いだけでなくこうしたパンにもうなってしまいます!

〇レンコンセザム
sIMG_5764.jpg
こちらも構成はお惣菜なのですがとても洋風でどこかリッチ。
sIMG_5765.jpg
マヨネーズにさくっとしたレンコン、ベーコンが入って、しかし上質な
食事パンに仕上がっています。ごまの入った生地がまたしっかりして味わい深い。

ケーキもみっつ
sIMG_5777.jpg
〇マール
sIMG_5769.jpgsIMG_5771 (2).jpg
マール酒を使った真赤な天鵞絨のような香り高いケーキ!
sIMG_5779.jpg
金色のキラ☆キラがとてもエレガント。
カシスの酸っぱさとムースが調和、大人びているけれどたぶん子どもでもおいしく
いただけます。でもなぜか不思議と夜のイメージがするケーキです(⌒∇⌒)

〇アフロディーテ
sIMG_5772.jpg
スパイシーな味のクッキーにサンドされたタイベリーの甘酸っぱさ
sIMG_5780.jpg
ちょっと癖のあるおとなのケーキですが、気のせいか以前戴いた時より
さらに奥行きがあるというか、美味しく感じました。
わたしがおとなになったのでしょうか…?

〇ガトーフロマージュ
sIMG_5767.jpg
こちらは濃厚で二層に別れたチーズケーキ。
パクタージュには珍しいとてもプレーンでベーシックな印象、
でもじわっと深い美味しさがあります。
シュトロイゼルもほどよいアクセントです(⌒∇⌒)

パクタージュはただ伺うだけでケーキ、パン、コンフィチュールすべてが
こちらの予想以上に丁寧で手抜かりの無いお品ばかり。
美味しくてびっくり&おなかも心も一杯になります。
斎藤シェフ、久保さん、スタッフさんのお力もあると思うのですが
ここまでの思いをひとつのお店にギュッと入れ込むのはものすごい
情熱だとおもいます。できればもっともっと大きなお店になって
いつでもケーキとイートイン利用ができると嬉しいな!と思いつつ
これからもそうなってほしいから応援していきましょう(^^)/
玉川学園前は素敵な素敵なパクタージュの駅ですよー( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ
sIMG_5701.jpgsIMG_5702.jpg

posted by 柴田羽衣 at 21:31| Comment(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

eggg cafeは新鮮たまごのボリュームパンケーキ‼

こんばんは!夏たけなわの七月、皆様いかがお過ごしでしょうか。柴田です。
きょうは暑さが一休み、お友達に誘われて小平で話題のパンケーキを戴きにうかがいました!
じゃーん
sIMG_3837.jpg
eggg cafeは小平のたまご屋さんが新鮮たまごをおいしく提供しようと生産者さんがはじめたお店です。
sIMG_3839.jpgsIMG_3841.jpg
エアコンも無く素朴な海の家みたいなお店ですが、中は扇風機もあり暑いという事はありませんでした。
平日のお昼なのにお店は大繁盛、名前をノートに記載し読んで頂くまで待ちます。
お店はいろいろなたまごスイーツでいっぱい‼
sIMG_3808.jpgsIMG_3809.jpgsIMG_3807.jpg
たまごに自信のあるお店だということがつたわってわくわくしました(⌒∇⌒)メニューはこんなかんじです
sIMG_3811.jpgsIMG_3812.jpg
なんとこんなお食事もありました!
sIMG_3814.jpg
さて席に案内していただくと、注文しておいたハヤシオムライスがすぐに出てきました!
じゃーん
sIMG_3817.jpg
新鮮なとろとろたまごがたっぷりのったチキンライス‼とてもきれいな黄身の色で、お客様がみなさん
注文されていました。なかなかのボリュームでしかもおいしくお安いのです。
sIMG_3818.jpg
さてなつかしいオムライスをいただいたらこれまたすぐに来たのが
ブリュレパンケーキ!
sIMG_3823.jpg
こんがり‼とてもおいしそう(⌒∇⌒)
sIMG_3828.jpg
パリッとキャラメリゼしたふわっふわのパンケーキはもちもちして産み立てたまごのじわっとくるおいしさです。
シロップをかけて切ってみました。
sIMG_3832.jpg
カスタードクリームたっぷり‼でもパンケーキ自体はそんなに甘すぎず、適度にサッパリしています。
そしてクラシックパンケーキ!
sIMG_3821.jpg
おおきな生クリームの冠‼(⌒∇⌒)とってもわくわくします!
sIMG_3819.jpg
これがもっちりさっぱりで適度な弾力、やはりたまごが良いからでしょうか?
ふんわり軽くいただけました。なんとこのボリュームでたったの500円(;゚Д゚)
sIMG_3833.jpg
ちょっとシロップもかけて可愛くしてみました(⌒∇⌒)うーむ、ふわふわです。
sIMG_3834.jpg
都会的でおしゃれのお店と違って、とても素朴ですがお店の方も感じが良く、つめたく凍ったおしぼりを出していただき
こまかい配慮を感じました。なんといっても駐輪場が満員で、平日のお昼から大人気、地元に愛されているすてきな
お店だなーとあたたかい気持ちになりました。有名な小平うどんの並びにありますので、
おなかに自信がある方は是非はしごしてみてくださいね!

続きを読む
posted by 柴田羽衣 at 21:41| Comment(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

『ケーキツアー入門』発売おめでとうございます!+アルカション!

こんにちは柴田です!
sWS0010.jpg
もうnyаoさんの『ケーキツアー入門』読んでくださいましたか?
青弓社さんから絶賛発売中です!
ぜんぶのページにケーキを愛する心が漲っていてすばらしい一冊、すぐにケーキを
食べるツアーが誰でもできる楽しいガイドブック!いつも『ファンタジウム』や
『アマイタマシイ』を応援してくださったnyаoさん、わたしも心から応援します!
sWS0016.jpg
是非是非手に取ってくださいね(⌒∇⌒)ケーキ好きでもちょっとケーキに興味がある人でも
読みふけってしまうこと間違いなしですよ!

さてさてきょうは曇り空で急遽でかける場所を変更!
アルカションにランチにやってきました!
なんと自転車で二十分ぐらいで行けるという事が判明したので、
これからサイクリングしながら通います。
sIMG_3357.jpg
ランチのメニューがドリンクにケーキがつくのにどれもとてもお安いのが魅力です。

サンドイッチはサーモンにアボカド、しっかりしたおいしいパン(´∀`∩)サラダに
削りたてのチーズたっぷり。
sIMG_3362.jpg

キッシュはシャンピニオンにベーコン、ブリオッシュのカットしたものはこんがりベイク、
添えてあるのは自家製の木苺のジャム。キッシュは温めて出した戴けてとっても柔らか、
生地はサクッとしてとてもしあわせです(⌒∇⌒)
sIMG_3360.jpg

そしてケーキ。
じゃーん
〇パーデザンジュ
sIMG_3368.jpg
これはいま食べなくちゃ!『ケーキツアー入門』の表紙をかざったかわいいケーキなんです(⌒∇⌒)
sWS0010.jpg

sIMG_3366.jpg

チョコレートムースのやわらかい甘さ、ブラックベリ―のギュッとした酸味、
土台のクッキー生地。王道ながら深みがあります。もちろん子供さんでもだいじょうぶ。
なんといってもデザインがとっても素敵。食べてしまうのがもったいないぐらい!
sIMG_3371.jpg
nyаoさん効果かすぐに売り切れていました!

〇カプリス
sIMG_3364.jpg

メレンゲ大好きでバナナも大好きなわたしにうってつけ、こちらもデザインが
愛らしくてたまりません!一目で食べたいなと思いました。
sIMG_3365.jpgsIMG_3372.jpg

中にはバナナとキウイと苺に木苺!とろりとしたゆるいカスタードクリームと
鉄壁の布陣!タルト生地もほどよい柔らかさ。
これは全体に甘さが強いですがものすごくまとまったケーキで
たいへん気に入りました。お薦めです。

〇タルトタタンペーシュ
sIMG_3375.jpg
桃がぽこんと載ったかわいいタルトはココナッツを振りかけて初夏の味わい。
ちょっとタルト部分が硬いのですが全体的には桃が主で、
フレッシュでジューシーに煮た桃をあじわうお菓子。
sIMG_3376.jpg
季節限定なのでお早目に伺ってくださいね。

アルカションは平日でも客足が途絶えないほどの大人気店、
やはり女性のお客さまが多かったですがみなさま笑顔でおとずれて
笑顔で帰られるのが印象的でした。
そしてアルカションの記事もアツく愛たっぷりに書かれている
nyаoさんの『ケーキツアー入門』を手に、是非是非お店に伺ってくださいね。
いっそうケーキが愛しく、おいしくなりますよ(^▽^)/

posted by 柴田羽衣 at 20:27| Comment(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

アマタマ修業!ユウササゲでケーキレッスンです!

こんにちは!柴田です。
復刊ドットコムのお知らせ、もう見てくださいましたか?読者の皆様のおかげで
電子版→紙になることが決定して、わたしもうれしさでいっぱいです。


書きおろしにおたのしみ企画、用意していますのでお待ちくださいね(⌒∇⌒)
さてさてわたしはお仕事の合間、ケーキのお勉強に行ってきました!
やっぱり食べているだけではわからない事が沢山ありますからプロ
シェフに教えていただける機会に行ってきました!
こちらのお店です
じゃーん
sIMG_1586.jpg
ユウササゲ!
こちらでガトーフランボワーズと
スフレフロマージュパッションを教えていただきます。
厨房は道具が沢山!オーブンも沢山あって大きな作業台が中心にあります。
sIMG_1456.jpg
捧シェフにごあいさつしてレッスン開始です。
まずアングレーズをつくります。
sIMG_1457.jpg
sIMG_1459.jpg
お鍋を温めてゆっくり混ぜていきます。冷めたらポマード状の
よつ葉バターと混ぜ合わせます
sIMG_1463.jpg
いい感じです!

イタリアンメレンゲをつくります。バタークリームを軽くするためだそうです。
sIMG_1464.jpgsIMG_1468.jpg
かなりしっかりめに泡立てたところにアングレーズと混ぜ合わせます。
クレームオブールの出来上がり!
sIMG_1470.jpg

フランボワーズのピュレとキルシュを混ぜこみます(#^^#)

おいしそうなクレームフランボワーズ完成!そしてそして…
sIMG_1473.jpgsIMG_1484.jpg
セルクル型側面にクレームフランボワーズをナイフで塗りつけてか
すっぱいフランボワーズのシロップをたっぷり
打ったジェノワーズを敷きます
sIMG_1485.jpg

三段かさねて…一番上にクリームをならして塗ったら冷やします。
sIMG_1488.jpgsIMG_1491.jpg

さて冷やしている間にもう一品
パッションフルーツのスフレです
卵黄、砂糖、コーンスターチ、パッションフルーツのピュレをまぜてお鍋を温めます。
sIMG_1493.jpgsIMG_1495.jpg
とろみが出て来たら漉して…アングレーズできました!
sIMG_1497.jpg
このクリームチーズはリュクス社のもの、フレッシュで乳味がありおいしいそうです
さきほど作ったアングレーズに3分の1ずつあわせていきます。

今度はスフレに使うためにゆるめのメレンゲをつくります。
sIMG_1515.jpgsIMG_1525.jpg
お砂糖を少しずつ入れないで一気に混ぜるとあまり泡立たないゆるいメレンゲに
なるはたらきがあるそうです。メレンゲをいれたらさっくり混ぜて…
sIMG_1509.jpgsIMG_1510.jpg
ジェノワーズを敷きこんだオーバル型に絞り出して上火220℃のオーブンで
下火を切って焼きます。7分焼いて反転させて4分。

そして冷やしていたガトーフランボワーズの仕上げです。
sIMG_1544.jpg
側面にピンクの砂糖衣をつけた
アーモンドを手で押し付けるように貼りつけててっぺんに
グラサージュ!これがカンをたよりにスプーンでのせてならしていきます。
sIMG_1549.jpg
もちろんシェフはあっという間に丸く塗っていてビックリ!下の画像はわたし!
でもまあまあにはできたでしょうか?(;^ω^)
sIMG_1562.jpg
sIMG_1552.jpgsIMG_1553.jpg
画像はフルーツを飾って捧シェフが仕上げたものです。

美しい!

そして試食タイム(^_-)-☆
sIMG_1560.jpg
sIMG_1563.jpg
ガトーフランボワーズはすっきりさっぱり!そしてフルーティー。
sIMG_1557 (2).jpg
捧シェフのお話ですと
こちらはルコントのケーキで、なんと50年前のルセットなんだそう。それがいまたべても
とっても美味しくてわたしたちの心をつかむこと、じわっと感動しました!
そして濃厚なスフレフロマージュパッション。
酸味が効いて、フロマージュのこくがしっかり。これもすばらしいおいしいスフレです。
捧シェフはとっても気さくでお話もかろやかに、仲良しの
アヴランシュゲネーのシェフがお教室を開催されたお話などもしてくださいました。
しかし卵白とお砂糖のお話になりますとこのままいつまでも卵白とお砂糖の事を語っていそうなぐらいに
アツいのです!うちのシェフの様です!
帰りはそれぞれ今日作ったケーキをお持ち帰り。
ケーキレッスンを受ける前に店内のショーケースにあるケーキ・キープもできます。くいしんぼうの
わたしは当然この可愛いふたつをキープ!
〇タルトスリーズ
sIMG_1590 (2).jpg
アメリカンチェリーがこぼれそうなタルトにはグリオットチェリーが焼き込んであります!この季節ならではの
フレッシュさ。チェリー好きなら必食のおいしさです(#^^#)
〇サントノーレフランボワーズライチ
sIMG_1588 (2).jpg
ライチの入ったシャンティ―にフランボワーズクリーム!なぜか薔薇のフレーバーにも感じる
かぐわしさ!愛らしいルックスながら食べごたえたっぷり。とっても女子力強い気品のあるサントノーレです!

ユウササゲでのケーキ・レッスン、面白くてためになって
おいしい1日でした。お店の方もシェフもみなあたたかく親切で、ケーキが
お好きな方はいちどお教室に行ってみるとおもしろい発見があるかもしれません!
とってもとってもお勧めします!

posted by 柴田羽衣 at 19:49| Comment(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

齋藤シェフおめでとうございます!幸せいっぱいのパクタージュ(^◇^)

こんにちは!柴田です!
わたしたちアマタマの紙版発売のニュースに続いてすてきなすてきなおしらせがあるんですよー(^◇^)
sIMG_1261.jpg
それはアマタマコーヒーを配布してくださった玉川学園前のパクタージュのすばらしいニュースなんです!
じゃーん☆ミ
sIMG_1276.jpg
齋藤シェフに赤ちゃんが誕生しました!わー可愛い( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ
おめでとうございます
sIMG_1278.jpg

とてもはっきりしっかりしたお顔立ち、なんだか落ち着いた佇まいはシェフにそっくり!
まつげもながーい!早くもイケメンの予感です(´∀`∩)
抱っこさせていただいても
どーんと落ち着いた雰囲気で大物の気配が漂います。
これは将来イケメンパティシェになってパクタージュでご両親譲りのすごい才能ですばらしいケーキをつくってくださるに
ちがいない!←勝手にそんな妄想をしてしまいました!
是非是非、お店に伺ったらシェフにお祝いの言葉をかけてくださいね(⌒∇⌒)
とにかくしあわせな空気が充満してなんとなくパワーアップしたパクタージュのケーキたち!
ssIMG_1298.jpg
ssIMG_1297.jpgssIMG_1296.jpg

どのケーキも美しいです(⌒∇⌒)そしてパンも充実!
sIMG_1302.jpg
sIMG_1301.jpg
そしてクッキーでサンドしたこの季節ならではのアイスクリームもありました!
sIMG_1300.jpg
戴いたのはこのみっつ(⌒∇⌒)
sIMG_1265.jpg
〇ショコラバナーヌ
sIMG_1267.jpg

一目でひきつけられるかわいいデザイン、チョコレートとバナナの組み合わせは王道ですがこれはとても滑らかで
こっくりしているのにしつこくないのです。
sIMG_1272.jpg
このようにバナナとムースが潜んでいて、でもチョコレートもしっかり存在感がある。
バナナの味わいも一体になって、爽やか。シェフは何種類ものチョコレートを
素材に合わせて使いこなしているそうですが、今回も秀逸です(⌒∇⌒)
〇イヴローニュ
sIMG_1268.jpg
あら可愛い!しかしめっちゃ強烈です!お酒がガツンと利いた大人のお菓子!ひとくちでしびれる感じがしますが
これがとてもいい薫り!
sIMG_1273.jpg
カラフルなフルーツが隠れている生地はしっかりしたタルト台につつまれて激しく主張してきます!
パクタージュのアンバサダーがお好きな方は是非是非召し上がってください。
ちなみにイヴローニュは、酔っぱらいの意味だそうです(;'∀')
ややどきどきしてきましたがもちろんシェフのお菓子はアルコール抜きでもとっても素晴らしいんですよ
〇スープアングレーズ
sIMG_1269.jpg
こちらはアルコール入りもあったのですが周囲の心配であえてお酒の無い方を選びました。
でもこれがまたとても素晴らしい。軽いライムのメレンゲの下のアングレーズはすっきりして、
いちばん下においしいパイナップルが隠れています。ライムのフレッシュな酸味が全体をきりっと引き締めて
とても清涼感のあるお品です。いまの季節にぴったりな、滋養がつきそうな逸品です。
そして、以前に戴いた古典菓子→アニョーパスカルという羊の形のお菓子
sIMG_0752.jpg
こちらのかわいいお菓子について色々お話ししていただきました。
じゃーん
sIMG_1283.jpg
sIMG_1285.jpg
鯛焼きのようなアニョー・パスカルの型です!フランスで購入したそうですが、この陶器の型は焼き型として
使用する前になんと牛乳で煮るそうです。
そして長さ40センチほどのウサギの型も見せていただきました
sIMG_1282.jpg
おっきい…(^▽^;)そしてリアルなうさぎなのです。この型でも大きな大きな焼き菓子を作られたそうで、
来年はわたしも予約して購入したいと心に誓いました。
アニョーパスカルは本来ジェノワーズのようなふわっとした生地ですが
パクタージュのアニョーパスカルは斎藤シェフのオリジナル。
アーモンドのたっぷり入った、とにかくものすごくしっとりして深みがある。
いままで食べた事がないほどおいしい生地なのです。
「古典を知ったうえでさらにおいしいものをつくる、古典を知らなければそれは出来ない」
とお話しなさる齋藤シェフ。
全くぶれない力強さ、ほれぼれします(⌒∇⌒)
さらにちょっとお味見で戴きました、焼きたてのアーモンドのクッキー!
sIMG_1288.jpg
こちらは試作と言うことでしたが、たくさんの上質なアーモンドの歯触りを素朴なカソナードのおいしい生地が繋いでいて
素朴な中にも力強い美味しさであっという間に食べてしまいました(^◇^)
アーモンドが主でクッキー生地が従!なんともいえない密度に圧倒されます。
厚みもたっぷりで直径が7センチぐらいなのですが、焼き菓子を強化していきたいという
シェフの野心作。大小サイズをどちらにするか、考えていらっしゃるとのことでしたが
わたしはクッキーは大きければそれだけ食べてしまいますが(⌒∇⌒)小さく作っても
色々なお味を味わいたいお客様には向いている気もします。
パクタージュの焼き菓子棚、これから続々お品が増えていくことと思いますので
要注目してくださいね!

お店の名前「パクタージュ」=わかち合うの意味だそうですが、こんなにかわいい天使がやってきて
しあわせいっぱいのお店に是非うかがってくださいね!とってもすばらしい気持ちをわかち合える事、間違いなしです!
WS0009.JPG



posted by 柴田羽衣 at 21:58| Comment(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする