2014年12月20日

大阪食い倒れ甘い旅&素敵書店さん完結編!

さあ旅も2日め、きょうは書店さんに伺う日です(^O^)
お仕事がお休みだという書店員、Nさんが案内してくださって、大阪の有名店、
なかたに亭に早いランチに向かいました!
2014-12-17 12.57.45.jpg
長い間関西の人気店なのに、お店はとっても現代的で
愛らしいデザイン、オープンサンドとランチプレートをシェアしました(^O^)
141217_1141~01.jpg

このパンが、なかなかリーンでおいしいのです。パティシエの焼くパンは甘くなりがちですが
きちんとお食事パン!ボリュームも適度で、おしゃべりしながら頂いたあとは、
お店の入り口にあるウィンドーからケーキを選びます(^O^)

◯ミルフォイユ
2014-12-17 12.18.14-1.jpg
このまるい形、すごくかわいい!にこにこしてしまいます!そして食べやすいんです。フィユタージュもサクサクと切れてとても軽い仕上がり。


◯モンブラン
2014-12-17 12.18.14-3.jpg
こちらも栗ペーストのぎゅっとした、一見しっかりとしたモンブラン、香りはいいのですが、
お酒が強いということも無く、するするいただけます(^O^)


なかたに亭はこてこての伝統菓子と言うより、とてもポップで食べやすい雰囲気で、
デザインも乙女モード、お店もカップルでケーキを頂いている方が多くて、なにかわくわくさせる力があると思いました。
141219_2202~01.jpg
クッキーもこんなにかわいい形(^O^)で、ひろく長く愛される理由を感じます。
なかたに亭出身のシェフが開店したという、アクイユにも行きたかったのですが、時間の都合で諦めました(T_T)


さてさてここで紀伊國屋書店32番街コミックハウスさんへむかいます!
2014-12-17 13.40.02-3.jpg
梅田の街はクリスマスムードでとってもキラキラ、ウィンドーもとってもはなやかで、
ことしもこの季節が来たなぁ、とせつないような嬉しいような気持ちになります。
2014-12-17 13.40.02-4.jpg

紀伊國屋書店32番街コミックハウスさんは、
とても高いところにあるビルのなかの書店さん、この美しい眺めをご覧ください!
2014-12-17 15.24.00-2.jpg
お店のスタッフの皆さんにご挨拶し、「ファンタジウム」サイン本を作りました!
短い滞在時間でしたが、笑顏でスタッフの皆様にお迎えしていただき、ほんとうにありがとうございました!


そしてNさんと一緒にビルを出た所の大丸梅田店にあるヒロコーヒーで休憩タイム(^O^)
こちらはラヴィルリエの服部シェフを輩出した関西の有名コーヒー店!
お店もとっても賑わっています!

残念ながらお目当てだったモンブランはなかったのですが、そのかわり
和栗のプレートをいただきました(^O^)
141217_1615~01.jpg
これがくりきんとんのようなサッパリ味、
お口の中はお正月気分です!たっぷり使った和栗の味わいを
活かすためでしょうか?コクの有るちいさなブリュレもおいしいコーヒーでいただきました。


そして屈託のないお話に花を咲かせたあと、Nさんとお別れして帰路…新大阪に向かいました。
大阪は建物がどっさり建っていて、人も街も元気いっぱい、スイーツもバラエティに富んで、
つぎに伺うのが楽しみです(^O^)

そして、ファンの方からおみやげを頂きました!
2014-12-17 21.05.15-1.jpg
出入橋のきんつばです
2014-12-17 21.05.15-2.jpg
こちらはわざわざ買ってきてくださったおみやげで、小豆がほどよく美味しく煮えていて、
ただ甘いだけでなく豆のお味がするんです。


お金が儲かった時、ついていると感じた時、だれかに勝った時、いろいろな幸せや充実感を感じる瞬間はあるけれど、だれかに愛されて喜ばれていると感じる時が、じつは一番幸せなのかなと思います(^O^)

そんな瞬間にかわいいおいしいお菓子がそばにいてくれたらどんなに幸せか。
いろいろ考えながら帰宅したのでした(*^_^*)

posted by 柴田羽衣 at 16:35| Comment(0) | 書店さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月09日

ありがとう!喜久屋書店熊本店さん(/_;)

柴田羽衣です。今回は甘いもののお話ではないのですがお付き合い下さいね。
5月11日をもって、あの素晴らしい喜久屋書店熊本店さんが閉店になります。
おもえば「アマイタマシイ」をプッシュして下さり、窮地に追い込まれた時もお力添えいただき、
無名のわたしたちの物語を、とってもかわいらしいスペースを作って飾って販売してくださったこと、
忘れることができません。
でもでも、いつか、信じています。きっと営業再開してくれることを。
建物自体がなくなっても、こんなにすごいお店が存在しなくなったら困るお客様が出てくるはず。
ですから皆様!
喜久屋書店さんグループにメールしましょう。熊本店さんの移転、営業再開のお願いをしましょう。
きっときっと、熊本店さんの素晴らしさは、熊本のみなさんの心に焼き付いているはずですから!
ではいまいちど美しい店内の画像を振り返ってみましょう!
CIMG3181.jpg
CIMG3179.jpg
床もピカピカ!すごい広さです。
CIMG3180.jpg
細かいところに気配りが。スタッフのみなさんの手腕ですね。
CIMG3182.jpg
ゆったりゆったり、本の街角みたい。
CIMG3190.jpg
迷子になっちゃわないように、ひろびろした店内の地図。本がこんなに広い空間にあふれるほどあるなんて!贅沢ですね。(*^_^*)
そしていまいいちど、アマイタマシイコーナーです!(;_;)
CIMG3183.jpg
CIMG3184.jpg
いま思い出しても涙が溢れます。
CIMG3185.jpg
CIMG3186.jpg
可愛いケーキ、飾り付け。
CIMG3187.jpg
柚子さん、スタッフの皆さん、ほんとうにほんとうにありがとうございます。
CIMG3188.jpg
CIMG3189.jpg
この喜久屋書店さんの全国地図から熊本店さんが消えてしまわないように、これからも移転、営業再開、
どうかどうかお願いいたします!m(_ _)m
CIMG3222.jpg
くまモンも熊本の地から、そう願っているはず!だからさよならは言いません。
5月11日は午後六時まで営業していらっしゃるそうなので、是非是非、熊本の宝、本の夢の国、
喜久屋書店熊本店さんにお運びくださいね!


posted by 柴田羽衣 at 07:24| Comment(2) | 書店さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

赤羽にダイフクと行ってきました(^O^)

こんばんは!柴田羽衣です。ブログさぼってしまってほんとうにすみません(泣)
じつはパソコンがこわれてただの箱になってしまったのです。ほんとうにびっくりしました!
いまは川嶋さんに手配してもらって新しいのを買ったのですが、ある日とつぜんただの大きい箱になる
パソコンはびっくりですねー。ではきょうは書店さんに伺ったお話を聞いてくださいね!
では画像をご覧くださいー
sa3.jpg
sa2.jpg
わぁ、すごい銅像ですー!お風呂に入りに行くはだかんぼうの若者のイメージでしょうか?
sa1.jpg
いいえ、これは漫画で有名な東京の赤羽の駅前です。ちゃんと銅像のちかくにこんなファッションビルもありますよ。以前からお世話になっている書店さん、ブックスページワンIY赤羽店さんにご挨拶に来たのです。
「アマイタマシイ」「ファンタジウム」「空のアンテナ」にサインして、
長見良くんの色紙をお願いしてきました!
もちろんわたしの色紙と限定ペーパー(千夏さん)もあります!かわいいアマタマコーナーを
維持してくださって、スタッフの皆様ほんとうにありがとうございます。
アマイタマシイ三巻四巻の発売のため、ひきつづきがんばります!
そして夜はすこし赤羽を堪能してきました!
sa5.jpg
sa6.jpg
この日はダイフクもいっしょに来たんですよ!詳しくない赤羽でも、画像でダイフクが
乗っかっているガイドムック、
「赤羽ウォーカー」があれば大丈夫!おいしいお店でおおきなつくねも戴いて、ダイフクも終始ごきげんな
一日でした。
sa4.jpg
この連休も赤羽にいらしたら、是非駅から出てすぐのイトーヨーカドーのなか、
ブックスページワンIY赤羽店さんにいらしてくださいね(^O^)
「赤羽ウォーカー」も発売中!
アマイタマシイとファンタジウムのサイン本がおまちしています!

posted by 柴田羽衣 at 20:11| Comment(0) | 書店さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

喜久屋書店さん長崎書店さん!熊本の書店さんは素敵だモン!

こんばんはー柴田羽衣です!とうとう甘い旅も日本の南、熊本に行ってきましたよ!
s-画像 001.jpg
空港に降り立ったのは午前中でしたが、いま人気の観光地、空港もバスもにぎやかです。バスに乗って市内にいざ、向かいましたー!熊本には「アマイタマシイ」を応援してくださる書店さんが2店あって、両方共とっても有名な書店さんなんです。はじめて伺う熊本でしたが、ドキドキしながらまず喜久屋書店熊本店さんにごあいさつに伺いましたー!
s-画像 005.jpg
s-画像 003.jpg
s-画像 004.jpgs-画像 006.jpg
ひ、広い!美しいですー!フロアはどこもピカピカ、本がきれいに並べられて。照明も柔らかい色です。
本の街角に迷い込んだようで、ここがビルの中だと忘れてしまいそう!いつもお世話になっている優しい柚子さんにご案内していただき、「アマタマ」の並んでいる場所に来ましたよ!
s-画像 007.jpg
かわいいですーこの画像を戴いていましたが、目で見るとほんとうにハッとするほど可愛らしいのです!
特典も配布して頂いています!
s-画像 010.jpg
菊田先生の「剛太」ポップもあります!ケーキもとっても愛らしいですね!
s-画像 011.jpg
色紙のわたしはちょっとおすまし…素敵な書店さんですもの、ついつい気取ってしまいました!
とにかく本の国に迷い込んだような素晴らしさ。「アマイタマシイ」「ファンタジウム」のサイン本を作りました!お店は土曜日でお客様も多いのに広さもあって流れる時間はとてもゆったりした雰囲気でした。
s-画像 012.jpg
喜久屋書店熊本店さんの素晴らしさは実際に伺って是非御覧ください!そしてそして、喜久屋書店熊本店さんのそばで騒動が!覗きに行ってみましたよ。なんだなんだ?
s-画像 015.jpg
わー、くまモンですー!すごい人気です!ストリートを練り歩いて、くろくてツヤツヤです!
とっても愛嬌たっぷり、子どもをみるとこのとおり!
s-画像 020.jpg
チューしてもらっていましたよ♡
s-画像 051.jpg
普段はくまモンの部屋でお仕事もしているというくまモン、街なかで気さくに県民の皆さんと間近にふれあう姿はほんとうに可愛くてなごみます。ここまで人気だともうくまモンのいない熊本は想像できないぐらいです!そしてちょっと休憩、お昼ごはんを頂きました!これはタイピーエン!
s-画像.jpg
これは有名な紅蘭亭さんの本店です!東京ではなかなかないメニューでしたが、スープもチキンと豚骨の
ブレンドのようで実にあっさり、そして春雨の麺は表面がザラザラしてスープと味がよく絡むようになっていて、なるほど生まれて初めていただくお味でした!揚げたゆでたまごがまた不思議でおいしかったです!お腹いっぱいになり、もうひとつの素敵書店さん、長崎書店さんに伺いました!
s-画像 036.jpg
以前にこちらも画像を戴いたとおり、そのまま売り場が維持されていました!もちろん特典も配布中!
s-画像 041.jpg
わたしもいます!
s-画像 039.jpg
女性向けコーナーに展開してくださってます!お店の方にご挨拶して、「アマイタマシイ」サイン本を作ってきました!こちらは老舗の書店さん、とっても落ち着いて、布製雑貨も扱っていておしゃれな店内。書店さんによってそれぞれ個性もムードがちがうので、熊本の皆さんは贅沢できますね!
さてここからは熊本の甘魂です!まずラ・ティエンヌさんののモンブランとエクレアです!
s-画像 055.jpgs-画像 056.jpgs-画像 054.jpg
こちらはさすがJ・ドゥニさんの元で修業した本格フランス菓子!というより、いい意味で素朴な印象でした!とくにモンブランの栗は香りが高く、熊本の素材を活かしている印象です。台はタルトですが、焼きはしっかり、サックサクでした!
そしてメゾン・ド・キタガワさんのカシスとマロンのガトー。
s-画像 058.jpg
こちらも酸味と甘さのバランスが良くて美味しかったです。栗というよりカシスの存在感が優っていましたが、熊本は栗の名産地、スイーツに使いたいシェフの気持は良くわかります!
s-画像 059.jpg
あっという間の熊本の旅でしたが、ひとはみなやさしく、ふと目につく古い建物がレトロ!
お国言葉がどこかなつかしい気持ちになるあたたかい熊本に、アマイタマシイを応援してくださる書店さんの有ること、心の底からうれしく思って、元気が出てくるのでした。
生クリームみたいな熊本の雲を帰りの飛行機から見て、きっときっと、またいきますね、と心のなかでつぶやいたわたしなのでした!
s-画像 065.jpg
長崎書店さん、喜久屋書店熊本店さん、柚子さん、ほんとうにありがとうございました!




posted by 柴田羽衣 at 19:19| Comment(0) | 書店さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

アマイタマシイの味方!神書店!高知の金高堂さん!

こんばんはー柴田羽衣です!
きょうは高知県の金高堂さんといういうすてきな書店さんを紹介します!
「アマイタマシイ」を読んだ金高堂の書店員さんが名乗りでてくださって、なんと3つの店舗ですてきな棚を展開してくださいました!
目下掲載誌を変えて2部スタートのため準備中の「アマイタマシイ」ですが、
わたしたちの物語が心に届いて、販売に力を入れようと
立ち上がってくださったこと、ほんとうに嬉しいです。
こんなに熱い気持ちで支えてもらったわたしたちプチ・セヴェイユも、ぐぐっと力こぶに血管がうきあがっちゃいます。
高知県は、坂本龍馬の故郷、かつおのたたきが美味しい事などで有名ですが、高知県出身のわたしの友達によりますと、
「金高堂さんは目利きナンバーワン」で、「映画本のコーナーにバンダイ時代のシネフェックスが常備してあった高知の神書店」
だそうで、アマタマを展開してくださったというと「あいかわらずの目利きっぷり、さすがです」とのお言葉でした。
そんなすばらしい書店さんにプッシュして頂けること!
とってもとってもうれしいです(*^_^*)
もちろん3店舗で特典のクリアファイルとダイフク付箋は配布して頂いております!
是非お店に直接伺って可愛いディスプレイと直筆色紙もごらんになってくださいね
ではとっても素敵な売り場画像をご覧ください!
tosayamada.jpg
こちらは金高堂土佐山田店さんの売り場です!「スイーツに恋したことありますか?」「隠れた名作」とポップに書いて頂いて感激です!マゼンダ色のバックがとってもピッタリ来ます!色紙はリクエストいただいた熊谷シェフです。ベリーのたくさん載ったタルトを持っています!

asakura.jpg
こちらは金高堂朝倉ブックセンターさんの売り場です!
クリスマスプレゼントみたいなかわいいディスプレイ、右上に熊谷シェフも描いていただきました(本物よりかっこいいですーありがとうございます)
色紙はモンブランを持った川嶋さん!クリスマスにアマイタマシイはいかがでしょうか?

noiti.jpg
このかわいらしいピンクに白のドットは金高堂野市店さん!
ポップのまわりにかわいいスイーツがちりばめられて、ドールハウスみたいな愛らしさです!
色紙はわたし、柴田です!いちごのフレジエを持っています!
昔、わたしのすきな横浜のお菓子が生産されなくなって、寂しいと思っていたところ「あのお菓子は美味しい。また食べたい」
と有志がたちあがって、復活したお菓子が有りました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%82%E3%81%91%E3%81%AE%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC
ありあけのハーバーの歴史です。
漫画だってモチロンおなじです。
こんなに応援して頂いて、「アマイタマシイ」が復活しないわけがないのです。わたしたちプチ・セヴェイユを愛して、応援してくださる皆様のお気持ちがあれば百人力です。
金高堂さん、ほんとうにありがとうございます(T_T)是非是非、わたしもあそびにいかせてくださいね!
posted by 柴田羽衣 at 20:40| Comment(0) | 書店さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする